カシオの歴史

2010年代

2010(平成22)年

1月

画面をカラー化した電子辞書を発売

4月

TFT液晶ディスプレイ事業を凸版印刷との共同出資会社「(株)オルタステクノロジー」に移管

水銀フリー高輝度プロジェクターを発売

6月

携帯電話端末事業を「NECカシオモバイルコミュニケーションズ(株)」に統合

11月

ハイブリッドGPS搭載のデジタルカメラ「EX-H20G」発売

HDRアート機能を搭載したデジタルカメラ「EX-ZR10」発売

2011(平成23)年

1月

ネットワークサービス「イメージング スクエア」を開設

4月

自由なスタイルで撮影が楽しめるデジタルカメラ「EX-TR100」を発売

10月

WLP関連事業を「(株)テラミクロス」に移管

「カシオマーケティングアドバンス(株)」を設立

ブラジルの現地法人「Casio Brasil Comercio De Produtos Eletronicos Ltda.」に中南米全体の営業機能を統合

2012(平成24)年

3月

スマートフォンと通信できるBluetooth V4.0対応のG-SHOCK「GB-6900」発売

4月

タイ・ナコンラチャシマ県の時計新工場が稼動

多彩なメモを美しく印刷できる電子文具「memopri」発売

2013(平成25)年

1月

カシオサイネージ事業を開始

3月

アラブ首長国連邦(ドバイ)で販売会社「Casio Middle East FZE」設立(2013年10月営業開始)

6月

デジタル絵画事業を開始

立体的な表現を可能にしたデジタル絵画「カシオアート」発売

7月

店舗の販促活動を支援する小型サイネージ「カシオサイネージ」発売

8月

マレーシアで販売会社「Casio Malaysia, Sdn. Bhd.」設立(2014年1月営業開始)

2014(平成26)年

1月

「カシオ(上海)貿易有限公司」に「カシオ(広州)商貿有限公司」の営業機能を移管し、「カシオ(中国)貿易有限公司」として営業開始

7月

タイで販売会社「Casio Marketing (Thailand) Co., Ltd.」設立(2014年9月営業開始)

GPS電波受信機能と標準電波受信機能を備えたG-SHOCK「GPW-1000」発売

8月

高精細液晶で現地語表示を実現した関数電卓「ClassWiz」を中国で発売

9月

カメラ部と液晶画面付きのコントローラーを分離できるデジタルカメラ「EX-FR10」発売

2015(平成27)年

6月

樫尾和宏、社長に就任

ダーモスコピー検査の画像から皮膚の癌を判別するための知見を学べる医師向けクラウドサービスを開始

9月

ポケットサイズの英会話学習機「joy study」発売

歴史ある3種類のグランドピアノ音色を備えた電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」発売

2016(平成28)年

3月

Android WearTM搭載のアウトドア向けリストデバイス「Smart Outdoor Watch」発売

4月

学習の進捗状況も確認できる英会話学習機「EX-word RISE」発売

6月

電子辞書「エクスワード」発売以降の電子辞書世界累計販売台数3000万台を達成

7月

写真管理アプリ等の開発やサービスを提供する「リプレックス(株)」の全株式を取得

8月

中国・広東省に生産会社「カシオ電子(韶関)有限公司」を設立

12月

(株)旺文社、(株)毎日新聞社と共同で英語応対検定事業を運営する「(株)学びUPコミュニケーションズ」設立

2017(平成29)年

5月

世界初 3つの時刻取得システムを搭載したG-SHOCK「GPW-2000」発売