株主・投資家とカシオ

株主利益の拡大を図るとともに、株主・投資家への公正かつ迅速な情報開示を行っていきます。

株主還元に関する基本方針

カシオは、株主の皆様の利益を維持・拡大する事を重要な経営課題と位置付けており、業績の向上と財務体質の強化に努めています。配当については、安定配当の維持を基本に、利益水準、財務状況、配当性向、将来の事業展開・業績見通しなどを総合的に勘案した上で成果配分を決定しています。

なお、2016年度の配当金につきましては、上記基本方針を踏まえ、前期実績の1株につき40円と同額の1株につき40円としました。次期配当は年間40円を予定しています。

SRIの状況

FTSE4Good Index

「FTSE4Good Index」は、ロンドン証券取引所グループが出資するインデックスやデータの提供サービス会社であるFTSE Russell社が、社会、環境、ガバナンスの側面から企業の持続可能性を評価する指標です。カシオ計算機は、2016年6月から組み入れられています。

FTSE4Good Indexのロゴマークです。

MSCI Global Sustainability Indexes

「MSCI Global Sustainability Indexes」は、MSCI (Morgan Stanley Capital Investment) 社が開発した、ESG(環境・社会・ガバナンス)に優れた企業から構成されるインデックスです。カシオ計算機は、2014年9月より継続して組み入れられています。

MSCI Global Sustainability Indexesのロゴマークです。

モーニングスター社会的責任投資株価指数

カシオ計算機は、モーニングスター株式会社(日本)が国内上場企業のなかから社会的に優れた企業と評価する150社を選定し、その株価を指数化した「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」に2004年9月から継続して組み入れられています。

モーニングスター社会的責任投資株価指数のロゴマークです。

SNAMサステナビリティ・インデックス

カシオ計算機は、損保ジャパン日本興亜損保アセットマネジメント(SNAM)が独自に設定する「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に2017年6月から組み入れられています。SNAMが2012年8月より運用を開始した「SNAMサステナブル運用」は、ESG(環境、社会、ガバナンス)の評価が高い企業に幅広く投資する、年金基金・機関投資家向けの責任投資プロダクトで、調査会社によるESG評価を重視して投資銘柄を選定したうえで、独自のアクティブ・インデックス「SNAMサステナブル・インデックス」に基づいて保有ウェイトを決定する運用手法です。

SNAMサステナビリティ・インデックスのロゴマークです。

株主・投資家とのコミュニケーション

IRイベントの開催

四半期ごとの決算発表同日に機関投資家や証券アナリストの方々に向けた決算説明会を開催しています。会長、社長またはIR担当取締役がメインスピーカーとなって、決算の概要や今後の見通しについて説明しています。その他にも、国内外の機関投資家や証券アナリストとのミーティング、工場見学会や事業説明会などを行っています。

IRツールの充実

株主・投資家の方々に向けたIRツールとして、決算発表関連資料(四半期ごと)、アニュアル・レポート(年1回)、事業報告書(半期ごと)を発行しています。また、Webサイト「投資家情報」において、それらツールの掲載やその他IR情報を発信しています。そして、さらなる利便性の向上および情報の充実を目指し、タイムリーな更新を図ります。

投資家情報

個人株主・投資家への対応

カシオは、個人投資家・株主の皆様に、より当社への理解を深めていただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。株主総会内で主力製品や重点事業についてご説明を実施しました。また、Webサイト「投資家情報」に「個人投資家のみなさまへ」のページを設置し、よりわかりやすい情報開示に努めています。

Webサイト「個人投資家のみなさまへ」のキャプチャ画像です。
個人投資家のみなさまへ