障がい者との田植えプロジェクト「一反パートナー」への支援を開始

集合写真
田植えの写真

カシオ計算機は、一般社団法人農福連携自然栽培パーティが企画する「一反パートナー」へ今年より支援を開始し、6月17日に当社の社員と家族が田植えを行いました。

「一反パートナー」は、障がい者とともに田植えから収穫まで自然栽培でお米を作り、全量を買い取ることで、働く障がい者の支援と安全な食の提供を目指すプロジェクトです。当社は、今年二反分の支援を行い、連携先の福祉事業所「菜の花」の障がい者と一緒に、群馬県の前橋市で田植えを行いました。 当日は天候にも恵まれ、気持ちの良い青空の下、参加者は普段経験のできない田植え体験を楽しんでいる様子でした。 今後は、引き続き「菜の花」の皆さんに田んぼを管理していただきながら、秋には稲刈りも社内でボランティアを募り、実施する予定です。

「一反パートナー」に関して