カシオについて > ニュースリリース > 2010年ニュースリリース一覧 >
ハイスピードムービーでスイングのチェックが可能なガイドラインを表示

ゴルフのレッスンに最適なハイスピードデジタルカメラ

女子プロゴルファー有村智恵選手の監修による解説ハンドブックを付属

このページを印刷する

2010年8月12日



EX-FC160S
有村智恵選手
EX-FC160S
有村智恵 選手


カシオ計算機は、決定的な瞬間が撮れる高速連写を実現したデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM®(ハイスピード エクシリム)」の新製品として、ゴルフのスイングがチェックできる『EX-FC160S』を、8月27日より発売いたします。


当社は昨年、カードサイズのハイスピードデジタルカメラ「EX-FS10」をベースモデルに、ゴルフのスイングチェックに役立つ機能を搭載した「EX-FS10S」を発売。ハイスピードムービーで撮影した超スロー映像とカメラの液晶モニターに表示されるガイドラインを使って、ゴルフのスイングチェックができることから人気を博しました。


『EX-FC160S』は、ゴルファーに向けたハイスピードデジタルカメラの第2弾です。ベースモデルに裏面照射型CMOSを採用した、光学5倍ズームレンズ搭載の有効画素数1010万画素モデル「EX-FC150」を採用。屋外で美しく撮れるのはもちろん、ゴルフ練習場など、暗い場所での撮影でもノイズが少ない高画質撮影を実現しました。好評のゴルフのスイングチェックに役立つ機能も進化。撮影した動画ごとにガイドラインを記録できるなど、実用性をより高めています。


ゴルフのスイングチェックができるガイドライン表示

EX-FC160S

飛球線の後方から撮影した映像でチェックする場合は、ハイスピードムービーで撮影したスイングの動画再生時※1に、アドレスしたボールと首の付け根を結んだライン(スイングプレーン)と、アドレスしたボールとクラブのシャフトを結んだライン(シャフトプレーン)の2本のガイドラインを表示させます。バックスイングからフィニッシュまでにクラブヘッドやシャフトが、2本のラインの間にできるV字形の範囲からはみ出さなければ良いスイング※2となります。




EX-FC160S

また、体の正面から撮影した映像でチェックする場合は、スイングの動画再生時に、縦の2本のラインをスタンス幅(両足外側)に、横の2本のラインを頭の上とボールの下に合わせます。バックスイングからフィニッシュまで、体が枠内に収まっていれば良いスイング※2となります。


※1. 240fpsで撮影した場合は、実際の1秒間の映像を30fpsで8秒間かけてスロー再生します。

※2. 良いスイングとされるひとつの理論です。



有村智恵プロ監修による解説ハンドブックを付属

今回、広告キャラクターに2009年シーズンツアーで5勝を挙げ、今季は世界のメジャー大会にも出場する女子プロゴルファーの有村智恵選手を起用。有村智恵プロ監修によるスイングチェックの解説ハンドブックを付属します。

有村智恵(ありむら ちえ)…1987年生まれ。10歳でゴルフを始める。2006年にプロテストにトップ合格し、同年8月にプロデビュー。2008年にツアー初優勝を果たし、デビュー後わずか2年でトッププロの仲間入り。2009年は5勝を挙げ、最終戦まで賞金女王争いに加わり、賞金ランキングも3位と大躍進。今季も大きな活躍が期待されています。


機種名

ボディカラー

メーカー希望小売価格

発売日

当初生産台数

EX-FC160S

RD(レッド)

オープン価格

8月27日

 5,000台/月




EXILIMは、カシオ計算機の登録商標です。

本製品に関するお問い合わせ先はこちら

このページの先頭へ