カシオについて > ニュースリリース > 2012年ニュースリリース一覧 >

もっと写真を撮りたくなる“EXILIM”の最上位モデル

このページを印刷する

EX-ZR300
EX-ZR300
EX-ZR300 GD
EX-ZR300
EX-ZR300
EX-ZR300 WE
EX-ZR300
EX-ZR300
EX-ZR300 RD




高速撮影機能と高速画像処理を備えた「EXILIMエンジンHS」を搭載

高速撮影機能と高速画像処理を併せ持つ「EXILIMエンジンHS」を搭載しました。デュアルCPUと2つの画像処理回路に加えて、最新技術による高性能な機能と高速処理を併せて実現できるリコンフィギュラブルプロセッサを搭載。0.95秒※1の起動時間や最短0.26秒※2の撮影間隔、0.12秒※3の高速オートフォーカス、0.2秒※4の動画撮影開始タイムラグなど、カメラを起動させてから撮影までをスピーディに行うことができ、快適な撮影が楽しめます。また、高速連写性能を活かして、芸術的な作品を創り出すHDRアートや薄暗い暗所でもフラッシュ無しで明るく撮れる「HSナイトショット」など、高度な撮影機能の搭載も可能にしました。
※1~※4:当社測定方法による測定値


シャッターを押すだけで美しい写真を撮れる「プレミアムオートPRO」

カメラが自動で撮影シーンを解析し、最適な設定と画像処理を実行。撮影環境に応じてカメラが自動で高速連写した画像を合成することで、より綺麗な写真を創り上げます。例えば、逆光などの明暗の差の大きなシーンではHDR、夜景はハイスピード(HS)夜景、高倍率ズーム使用時はハイスピード(HS)手ブレ補正が動作するなど、シャッターを押すだけでハイレベルな画質の写真を簡単に撮ることができます。また写真のみならずムービーも、カメラが自動で人物、風景、夜景、マクロ、青空、緑の録画シーンを自動解析し、最適な設定で録画する「プレミアムオートムービー」も搭載しました。


僅かな光で明るく撮れる「HSナイトショット」

高速連写合成を駆使し、肉眼では見えづらい暗い場所でも、フラッシュなしで明るくブレの少ない撮影ができます。高速連写した複数枚の画像に、位置合わせやノイズ低減処理、画像合成などを行い、最大ISO12800レベルの高感度画像を作成します。


作風を自由に選んで撮れる「アートショット」

印象的な作風の写真が撮れる7種類(トイカメラ、ソフトフォーカス、ライトトーン、ポップ、セピア、モノクロ、ミニチュア)のエフェクト機能を搭載。それぞれ効果の強弱や色味の変更ができるので、写真家のような気分で作品を創ることができます。


白飛びや黒つぶれなく見たままを忠実に撮れる「HDR」

露出の異なる連写画像を使って、ダイナミックレンジが広がった1枚の画像に合成。白飛びや黒つぶれを抑えて、まるで目の前の景色を再現したような階調豊かな写真を撮影できます。


芸術的な作品が撮れる「HDRアート」

露出の異なる連写画像を合成し、高精度な画像解析をもとに局所的にコントラストや彩度の強弱を変化させて芸術的な作品を創り出します(アート効果を3段階で調整可能)。


一眼レフカメラのような印象的な1枚が撮れる背景ぼかし撮影

高速連写技術を応用し、ぼけ味にこだわった当社独自のぼかし処理を施すことで一眼レフカメラで撮影したような被写体を際立たせた写真が撮影できます(ぼかし効果を3段階で調整可能)。


さらに広角で臨場感溢れる1枚が撮れる「ワイドショット」

カメラを動かしながら高速連写した画像を合成することで、迫力のある超広角撮影が行えます。広角14mm相当または18mm相当の撮影モードを用意しました。

解像感を保ったまま最大25倍までズームができる「プレミアムズーム」

広角24ミリからの光学12.5倍ズームレンズは、複数枚の画像情報を合成するマルチフレーム超解像技術により、最大25倍まで画質の劣化を抑えたままズームが可能です。

使いたい撮影機能を素早く選べるモードダイヤル

素早く撮影機能を選べるモードダイヤルを装備。撮影シーンにあわせて、「プレミアムオートPRO」や「プレミアムズーム」、「HDR」など、10種類の撮影モードから選べます。






このページの先頭へ