ワールドタイム機能を独創的に表現

地球モチーフのインダイアルを採用した“EDIFICE”

新開発の時刻取得システムと連携するスマートフォンリンクモデル

2016年4月19日

写真:EQB-600D-1A2 テーマカット1
写真:EQB-600D-1A2 テーマカット2

EQB-600D-1A2

カシオ計算機は、ダイナミックなデザインと先進テクノロジーを兼ね備えた高機能ウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、スマートフォンと連携する新製品として、地球モチーフの立体インダイアルを新たに開発し、ワールドタイム機能の独創的な表現を実現した『EQB-600D』を5月14日より発売します。

*専用アプリ「CASIO WATCH+」のダウンロードが必要です。

当社はこれまで、グローバル時代に適したアナログウオッチをつくるという開発コンセプト「Global Time Sync」のもと、GPS電波受信機能と標準電波受信機能を兼ね備えたGPSハイブリッド電波ソーラー搭載の“G-SHOCK”と“OCEANUS”、スマートフォンとの連携により世界約300都市の時刻が設定できる“EDIFICE”を開発。世界中どこでも正確な時刻が簡単に取得できる次世代の腕時計として好評を博しています。

今回ご案内します『EQB-600D』は、地球をモチーフにしたドーム型立体インダイアル「3D Globe Dial」を採用し、ワールドタイム機能を目で見て楽しむという発想のもと開発しました。
「3D Globe Dial」は、8時側のインダイアルで設定したワールドタイムの時刻と連動し、まるで地球が自転するように24時間かけて一周します。インダイアル上のカーブ形状の針は、ワールドタイムの都市のタイムゾーンを指し示し、針が上半分に位置するときは18時~6時の夜間、下半分では6時~18時の日中を表現。昼夜を感覚的に把握できます。
また、スマートフォンリンク機能をさらに進化させた時刻取得システム「Accurate Time System」を開発し、『EQB-600D』と連携するアプリ「CASIO WATCH+」に組み込みました。インターネット上で時刻情報を提供するタイムサーバーにアクセスし、独自のデータベースと照合することで、現在位置におけるタイムゾーン情報とサマータイム情報を抽出し、精度の高い時刻を取得できます。
世界中の時の流れを画期的なデザインと正確な時刻で表現する“EDIFICE”です。

型番
文字板×3D Globe Dial
メーカー希望小売価格
発売日
EQB-600D-1A2
ブラック×ブルー
50,000円+税
5月14日
EQB-600D-1A
ブラック×ブラック
写真:EQB-600D-1A2
EQB-600D-1A2
写真:EQB-600D-1A
EQB-600D-1A


写真:3D Globe Dial

3D Globe Dial

動作確認済み端末

最新の動作確認済み端末及び詳細はEDIFICE公式ホームページをご覧ください。

EQB-600Dの主な仕様

防水性 10気圧防水
通信仕様 通信規格 Bluetooth® Smart
通信距離 ~2m(環境により変化)
時計機能 デュアルタイム ホームタイムとの時刻入替機能
その他の機能 モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、ワンタッチ時刻修正、携帯電話探索機能など)、フルオートカレンダー、日付・曜日表示、バッテリー充電警告機能 
常温携帯精度 平均月差±15秒(スマートフォンと連携しない場合)
使用電源 タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続駆動時間 約19ヶ月(暗所で一定時間が経過すると運針を停止して節電するパワーセービングモード状態において)
大きさ 51.9×47.3×13.3 mm
質量 約170g
  • ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。