当社のプロジェクター5機種がTCO認証を取得

— 半導体光源のプロジェクターで初

  • 2016年7月13日認証。

2016年8月9日

XJ-F210WN
TCO Certified マーク

カシオ計算機のプロジェクター『XJ-F210WN』など5機種が、IT機器のサステナビリティ(持続可能性)に関する国際規格であるTCO認証を取得いたしましたのでご案内申し上げます。

TCOデベロップメントの定めるTCO認証は、IT機器の環境および社会的責任に関する規格です。取得にあたっては「安全性」「省電力」「有害物質の排除」など、製品のライフサイクル(製造時・使用時・使用完了時)全般において定められている厳しい基準を満たす必要があります。プロジェクター分野では、TCOデベロップメントの定める画質基準を満たした上で、動作音の抑制と消費電力の削減に貢献するエコモードを備えていることが求められています。また、プロジェクター本体やパッケージなどに水銀などの有害物質を含有することが禁止されており、光源ランプに関しては水銀含有量の申告が義務付けられております。

当社は2010年より、プロジェクター全機種にレーザー&LEDハイブリッド光源を採用しており、水銀を含有する光源ランプは一切使用しておりません。当社の『XJ-F210WN』など5機種は、水銀ランプ不使用の半導体光源プロジェクターで初のTCO認証製品です。

当社プロジェクターの開発を担っているサイネージ事業部の事業部長である 井口 敏之 執行役員は「TCO認証にあたり、光源部も含めて水銀不使用を申告できたことを誇りに思います。半導体光源プロジェクターシェアNo.1である当社は今後も、水銀ランプからの置き換えを促進し、水銀不使用と電力消費の抑制によるCO2削減などを通じて、環境負荷の軽減に貢献をしてまいります。」と述べています。

  • 2500ルーメン以上の半導体光源プロジェクター メーカー別世界販売台数シェア73%(2015年1月~12月)Futuresource調べ。

当社のTCO認証プロジェクター覧

モデル
表示解像度
機種名
明るさ
無線LAN
USB給電
HDMI端子
アドバンスド
WXGA
XJ-F210WN
3500 ルーメン
オプション
2端子
XJ-F100W
XJ-F200WN
3000 ルーメン
オプション
エントリー
WXGA
XJ-V110W
3500 ルーメン
1端子
XJ-V100W
3000 ルーメン

TCOデベロップメントについて

TCOデベロップメントは、IT製品のサステナビリティに関する第三者認証であるTCO認証を行うことで、IT分野における持続可能性を推進する組織です。TCO認証により、IT製品の購入者は、より持続可能性の高い製品を選ぶことができます。TCO認証製品は、製造・利用・リサイクルの過程で環境・社会・経済的な責任に配慮していることを保証します。TCOデベロップメントは、スウェーデンのストックホルムにある非営利団体が所有しており、北米とアジアに地域拠点を保有しています。