全世界をカバーする新世代モジュール「Connectedエンジン 3-way」を搭載

世界初 3つの時刻取得システムを搭載した“G-SHOCK”

新しいバンド固定構造を採用した航空コンセプトの“GRAVITYMASTER”

2017年3月1日

2017年3月3日 修正

2017年4月24日 修正

GPW-2000

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、航空コンセプトの“GRAVITYMASTER”シリーズの新製品として、内蔵のタイムゾーンとサマータイム情報を自動更新し、全世界で正確な時刻を表示するBluetooth®搭載GPSハイブリッド電波ソーラーウオッチ『GPW-2000』を5月19日より発売します。

今回ご案内します『GPW-2000』は、世界中どこにいても常に正しい時を刻み続けるための最新モジュール「Connectedエンジン 3-way」を搭載しました。世界で初めて標準電波とGPS衛星電波の受信に、スマートフォンを介したタイムサーバー接続を加えた3つの時刻取得システムを採用。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保ちます。

  • 2017年3月1日時点、カシオ調べ。

今回、航空コンセプトの“G-SHOCK”として、その世界観をデザインや性能面でも表現しています。文字板は航空機の計器をモチーフとし、取得した位置情報から緯度を9時側インダイアル、経度を6時側に設けた小窓で簡易的に表示します。また、時計側のボタンを押した際の地点情報を時刻情報とともにスマートフォンの地図上に表示できるフライトログ機能を搭載しました。
構造面では、振動の影響によって緩むビスを、バンドを固定するパーツとして使用せず、バンドをファインレジンのシャフトカバーと、カーボンファイバーを封入したファインレジンのパーツで固定するビスレス方式を採用しています。
もちろん、衝撃、遠心重力、振動の3つの重力加速度に耐える“TRIPLE G RESIST”、引張耐久力の高い“カーボンファイバーインサートバンド”、JIS1種に準拠した耐磁性能など、過酷な環境に耐え得るタフネス性能も充実。ブランドのアイデンティティである「タフ」を、構造、機能、デザインなどあらゆる面で体現しています。

製品名
メーカー希望小売価格
発売日
GPW-2000
100,000円+税
5月19日

GPW-2000の主な仕様

構造
TRIPLE G RESIST(耐衝撃性能、耐遠心重力性能、耐振動性能)
防水性
20気圧防水
耐磁性能
JIS1種耐磁性能
受信電波
GPS電波:1575.42MHz
標準電波:40kHz~77.5kHz
JJY(日本):40 kHz(福島局)/ 60 kHz(九州局)
WWVB(アメリカ):60 kHz、MSF(イギリス):60 kHz
DCF77(ドイツ):77.5kHz、BPC(中国):68.5kHz
電波受信方法
GPS電波:時刻受信(自動※1、手動)、位置受信(手動)
標準電波:自動受信(最大6回/1日、中国のみ最大5回/1日)
通信仕様 通信規格
Bluetooth® Low Energy※2
通信距離
~2m(環境により変化)
ワールドタイム※3
世界28都市(39タイムゾーン、サマータイム自動設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻表示、二都市時刻表示、ホームタイムとの時刻入替機能
ストップウオッチ
1秒計測、24時間計
タイマー
セット単位:1分、最大セット24時間、1秒単位で計測
アラーム
時刻アラーム1本
その他の機能
モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、フライトログ、簡単時計設定)、針位置自動補正機能、日付・曜日表示、フルオートカレンダー、LEDライト(スーパーイルミネーター、残照時間3秒)、緯度・経度表示、バッテリー充電警告機能
使用電源
タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続駆動時間
パワーセービング状態※4で約23ヵ月
大きさ
66.0 × 57.2 × 18.2 mm
質量
約120g
  • ※1 受信できる環境と判断した場合、自動受信を行います。
  • ※2 Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
  • ※3 スマートフォンとの連携により更新される場合があります。
  • ※4 暗所で一定時間が経過すると運針を止めて節電します。

関連リンク