インスタグラム利用女性の4人に1人が スマホじゃなく「インスタ専用カメラ」を持っていた!!

画質・防水・広角重視・・・もっと「いいね!」が欲しい!

2017年7月21日

インスタグラム
インスタグラム
インスタグラム

カシオ計算機は、SNS映えする写真が撮れる「EX-FR100L」など、女性向けデジタルカメラの開発・販売に力を入れています。

このたび、10代~40代女性655名を対象に、「SNSとカメラ・撮影に関する実態調査」を実施しました。
若い女性を中心にユーザーを伸ばすSNSと、SNSに投稿するために利用するカメラや撮影に関する実態を調べました。調査結果から、SNSを好むイマドキ女子の撮影や自撮りに対する本音を探ります。

調査結果トピックス

10代~20代の2人に1人以上はInstagram(インスタグラム)を利用中

10代~40代女性655名にSNS利用動向を調べたところ、「SNOW(スノー)」や「Twitter(ツイッター)」、「Instagram(インスタグラム)」などで10代~20代の利用が突出している結果となりました。近年ユーザー数を伸ばしている「インスタグラム」は、現在利用していると答えた方は全体で43.2&%となりました。中でも10代は61%、20代は52%と若年層で高い利用率となりました。

現在利用している」と回答した年代別割合(n=655)

約8割がインスタグラムの写真撮影にスマホ利用も、明るさや広角に不満!

「Instagramに投稿する写真は、撮影していますか?」の質問には、約8割の女性がスマホでのインスタグラム投稿も行っているという結果となりました。

回答
スマートフォン
一眼レフ
ミラーレス
コンパクト
デジタルカメラ
インスタント
カメラ
その他
人数
227
39
23
35
15
2
割合
80.27%
13.8%
8.1%
12.4%
5.3%
0.7%

スマホでの写真撮影での不満・不便な点については、「明るさの調整が思い通りにできない」が30.8%、「ズームがうまくできない」が29.5%、「持ちづらくて安定しない」が28.2%、「撮影範囲が狭い」が22.6%となりました。
明るさや広角(撮影範囲)など質にこだわり、皆と違う写真を撮影する時には専用カメラを使用する、などスマホとの用途に応じた併用もうかがえる結果となりました。

No.
項目
割合
1
明るさの調整が思い通りにできない
30.8%
2
ズームがうまくできない
29.5%
3
持ちづらくて安定しない
28.2%
4
撮影範囲が狭い
22.6%
5
加工すると画像が荒くなる
18.9%
6
インカメラ(スマートフォン内側のカメラ)の画質が低い
17.7%
7
シャッタースピードが遅い
17.6%
8
ボケが作れない
12.2%
9
その他
0.8%

インスタ女子の4人に1人は、「インスタ専用カメラ」持ち!

「インスタグラム」を利用しているインスタ女子(n=283)に、「インスタグラム撮影用のカメラ」を持っているか聞いたところ、26.5%が「持っている」と回答し、インスタ女子の4人1人が「インスタ専用カメラ」を持っていることが判明しました。また、「持っている」と回答した75名に購入時期を聞いた所、65%以上が「1年以内」に購入しており、昨今のインスタ人気の影響が伺えます。また、「持っている」「持っていないが欲しいと思っている」と回答した159名に、インスタ撮影用のカメラで重視している機能を聞いた所、「高画質」「スマホへのデータ転送」「ズーム」「防水」「広角」となり、スマホでの写真では埋もれてしまい“いいね”がもらいづらく、人とは違う写真を撮るためこだわりのカメラを使うインスタ女子心理が伺えます。

あなたは、Instagram撮影用にスマートフォン以外のカメラを持っていますか?(n=283)
あなたは、そのInstagram撮影用のカメラをいつ買いましたか?最もよく使用しているカメラについてお答えください。(n=75)
No.
項目
割合
1
高画質
64.8%
2
スマートフォンへのデータ転送
52.8%
3
ズーム
38.4%
4
防水
36.5%
5
広角
31.4%
6
明るく撮れる
27.7%
7
美肌効果
25.2%
8
デザイン
18.9%
9
ボケが作れる
13.8%
10
サイズ
13.2%
11
チルト液晶(自撮り用)
12.6%
12
シャッタースピードが速い
9.4%
13
電池寿命
9.4%
14
頑丈さ
6.3%
15
連写機能
3.8%
16
その他
0.6%

10代の約半数は自撮り「よくする」

SNS投稿に欠かせない撮影方法“自撮り”。そこで、“スマートフォンを持つ”10代~40代女性(n=595)の各年代ごとに、「あなたは普段、スマートフォンで自撮り・みんな撮り(複数人での撮影含む)をしますか?」を聞いた所、10代では「よくする」「たまにする」が8割超という結果になりました。年代が上がるにつれて「よくする」「たまにする」の割合が下がり、自撮りをしない人が増えていく傾向となりました。

あなたは、そのInstagram撮影用のカメラをいつ買いましたか?最もよく使用しているカメラについてお答えください。(n=75)

自撮りでイラッ…1位「使ってほしくない写真を投稿された」

自撮りを「よくする」「たまにする」と回答した女性(n=330)に、自撮りで他人からされて困ったことやイラっとしたことについて聞いた所、「使ってほしくない写真を投稿された」が36.7%など上位2つは勝手に投稿されるケースが目立ちました。次いで「自分だけかわいく加工した写真を投稿された」「元画像を共有してくれない」など、自分だけがかわいく映ればいいという姿勢にイラっとする女子が多いことがわかりました。
また、ご自身での自撮りでの失敗したことについては、思い通りの画角で撮れない、見切れてしまった、引きが撮れないなど、スマートフォンカメラの性能・性質にかかわる悩みが多く伺えました。

No.
項目
割合
1
使ってほしくない写真を投稿された
36.7%
2
許可なくSNSにみんな撮りの写真を投稿された
30.6%
3
自分だけかわいく加工した写真をSNSに投稿された
27.9%
4
元画像ではなく、加工された画像しか共有してくれない
18.8%
5
カメラに近い位置で顔が大きく見えるので、自分で撮影したがらない
17.9%
6
自分のスマートフォンで撮りたがる
16.7%
7
表情をつくるのに必死で、自分で撮影したがらない
13.9%
8
その他
0.6%
No.
項目
割合
1
思い通りの画角で撮れなかった
62.4%
2
被写体が見切れてしまった
42.1%
3
引きの画が撮れなかった
41.2%
4
持ちづらくてスマートフォンを落としてしまった
40.3%
5
インカメラ撮影による画像の反転で、鏡文字になってしまった(プリントTシャツなど)
17.0%
6
加工しすぎて画質が荒くなってしまった
13.9%
7
加工しすぎて周りの空間がゆがんでしまった
9.4%
8
加工しすぎて目が大きくなりすぎてしまった
8.8%
9
加工しすぎて鼻が白飛びしてなくなってしまった
7.3%
10
その他
1.2%

SNS映えする写真が撮れるデジタルカメラ「EX-FR100L」 商品情報

EX-FR100L
調査名
SNSとカメラ・撮影に関する実態調査
調査対象者
10代~40代の女性655名
(10代:159名、20代:166名、30代:165名、40代:165名)
調査期間
2017年7月6日~7日10日
調査方法
インターネット調査

  • 本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。