耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”世界累計出荷1億個を達成

2017年9月1日

初号機
DW-5000C
(1983年発売)

カシオ計算機は、1983年4月に耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の販売を開始して以来、世界累計出荷が本年8月末に1億個を達成しましたので、ご案内します。

“G-SHOCK”は、“落としても壊れない丈夫な時計を作りたい”という発想から開発を始め、2年にわたる歳月と200以上もの試作機を経て、1983年に耐衝撃構造を備えた初代モデル「DW-5000C」が誕生しました。腕時計は、衝撃に弱く壊れやすいという当時の常識を覆し、タフネスウオッチという新たな分野を築きました。以来、機能と性能の向上を図り、絶えず進化し続けています。

G-SHOCK累計出荷1億個の軌跡
  • 2017年度は8月までの出荷個数。

当社では今後も引き続き全世界の方にご愛用いただけるよう、さらなる進化を続け、皆さまの期待を超える“G-SHOCK”の開発に注力してまいります。

G-SHOCKの軌跡

“G-SHOCK”の発想から誕生まで(1981年~1983年)

1981年に開発がスタート。腕時計は衝撃に弱く取り扱いに注意を要する精密機器というのが常識だった時代に、高校の入学祝いに親から買ってもらった時計を落として壊してしまった経験をもつ開発者の“落としても壊れない時計を作りたい”という思いから開発が始まりました。200個以上もの試作機を経て、ウレタンでケース全面をカバーしながら心臓部であるモジュールを点で支える中空構造が開発され、初代モデル「DW-5000C」が1983年に誕生。“G-SHOCK”の名称は、自由落下=重力(GRAVITY)が由来で、強い衝撃に耐えられる腕時計としての開発思想が込められています。

中空構造
DW-5000C

アメリカでのヒット(1984年~1990年)

1984 年、アイスホッケーの選手がパックの代わりに“G-SHOCK”「DW-5200C」を打つCMをアメリカで放送。このCMに対し、誇大広告ではないかという意見が寄せられ、人気テレビ番組がCMと同じ状況で実験を行い検証しました。結果、“G-SHOCK”は正確に時を刻み続け、耐衝撃性が広く認められることとなります。また、アメリカ人の腕にフィットするサイズだったこともあり、アウトドア愛好家や消防士、警察官といった人々を中心に受け入れられ、アメリカで人気のブランドとなりました。
その後、1990年に斬新な液晶グラフィックを採用した「DW-5900C」の発売をきっかけとして、アメリカ西海岸のスケートボーダー達を中心に支持されるようになります。

DW-5200C
DW-5900C

日本でのヒット(1990年代前半)

1990年代に入るとアメリカのファッションが日本の雑誌で紹介され始め、日本でストリートファッションが流行します。これに伴って日本でも“G-SHOCK”に注目が集まることになります。当時、「DW-5900C」が海外のみでの販売だったことで、輸入小物として洋服店などに並び始め、ファッションに敏感な若者に徐々に浸透していきました。さらに、有名ミュージシャンやアクション映画の主人公が身に着けていたことから人気が拡大。歴代モデルの系譜を図解で紹介する記事が雑誌を賑わせ、過去のモデルにも注目が集まるなど、“G-SHOCK”人気が沸き上がっていきます。日本の年間出荷個数は1990年の約1万個から1995年には約70万個と拡大し、異例のヒット商品に成長。若者のファッションに取り入れられた初めてのデジタルウオッチになりました。

製品ラインアップの拡大、スポーツや若者文化との融合(1990年代半ば~後半)

1990年代半ばに入ると“G-SHOCK”のユーザーを広げるべく、ラインアップの拡大も進めていきました。若者だけでなく、大人の男性に向けた新シリーズ“MR-G”として「MRG-1」(1996年)、フルメタルと耐衝撃性能を両立した“MR-G”「MRG-100」(1996年)を発売。若者から大人まで愛されるブランドを目指して取り組みが始まりました。
また、ストリートファッションのみならず、スノーボード、サーフィンなどのスポーツ、レゲエをはじめとする音楽、ダンスやDJといったクラブなど、さまざまなシーンにあわせた展開が始まります。さらに、環境保護団体やスポーツ団体とのコラボレーションモデルを発売することで、その活動を若者に伝えるといった“G-SHOCK”ならではの情報発信を行い、1997年には日本で年間240万個、全世界で600万個の出荷を達成。“G-SHOCK”は若者文化に欠かせないブランドに成長しました。さらに、若者文化のみならず、サッカーやヨットの大会といった世界最大級のスポーツイベントに参加するなど、そのブランド力は世界的に通用するものとなりました。

MRG-1
MRG-100
DW-8200K
(国際イルカ・クジラ会議記念モデル第二弾)

原点回帰としてのタフネス性能の追求(1990年代後半~2000年代)

しかし、多数のコラボレーションモデル等を発売した結果、“G-SHOCK”の「耐衝撃性」という本質よりも、ファッションアイコンとして注目され過ぎたことにより、1997年をピークに出荷数量は下がっていきます。そこで、改めて“G-SHOCK”の原点である「耐衝撃性」に立ち返り、徹底的にタフネス性能を追求していくとともに、時計本来の価値を高める新機能を積極的に採り入れていきました。電波ソーラー機能を搭載した「GW-300」(2002年)、世界6局の標準電波に対応した「GW-9200」(2008年)、耐衝撃・耐遠心重力・耐振動性能の「TRIPLE G RESIST」を装備した「GW-4000」(2012年)を発売するなど、機能・性能の両方で進化していきます。

GW-300
GW-9200
GW-4000

革新し続ける“G-SHOCK”(現在)

近年も時計の常識に挑戦していく“G-SHOCK”の進化は止まりません。Bluetooth® v4.0に対応し、スマートフォンと連携する「GB-6900」(2012年)を開発し、腕時計に新たな価値を生み出しました。
また、GPS電波受信機能と世界6局の標準電波受信機能によるハイブリッドの時刻取得システムを搭載した「GPW-1000」(2014年)を発売。世界中でより精度の高い時刻表示を可能にしています。そして、本年5月にはスマートフォンを介したタイムサーバー接続に加え、標準電波とGPS衛星電波の受信機能も備えた“Connectedエンジン 3-way”搭載の「GPW-2000」を発売しました。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保つことができ、精度の追求は次のステージへと上がっていきました。
今後も従来の時計の概念では考えられなかった機能や性能を実現し、挑戦し続けてまいります。

GB-6900
GPW-1000
GPW-2000

“G-SHOCK”を世界中の方々へ

製品の進化に加えて、世界中の方に“G-SHOCK”の世界観を伝えるマーケティング活動も展開しています。2008年からは“G-SHOCK”と親和性の高い音楽やスポーツとコラボレーションしたイベント“SHOCK THE WORLD”を実施。2017年8月末時点で、のべ世界73都市で開催し、世界中の“G-SHOCK”ファンの方に、製品の持つ魅力を全身で感じてもらう取り組みを行っています。
イベント以外にも世界観や最新情報をユーザーに届ける場として、“G-SHOCK STORE”を2003年にお台場にオープンしたのを皮切りに、日本では丸の内、銀座など6店舗、海外ではロンドンやニューヨークなど主要トレンド発信都市に8店舗設置。“G-SHOCK”を含むカシオウオッチの専門店も全世界で1000店舗以上展開するなど、世界中の方が“G-SHOCK”に触れ、興味を持っていただく場を提供しています。

SHOCK THE WORLD

G-SHOCK主要モデル年表

発売年
機種名
特徴
1983年
DW-5000C
耐衝撃腕ウオッチ“G-SHOCK”の初代モデル
1985年
DW-5500C
防塵・防泥構造を実現した角型モデル
1987年
DW-5600C
DW-5000Cの角型フォルムを継承したベストセラーモデル
1989年
AW-500
アナログとデジタルを採用したコンビネーションモデル
1990年
DW-5900C/DW-6000
新フェイスデザインを採用した日本初のヒットモデル
1992年
DW-6100
温度計を装備したセンサー搭載モデル
1993年
DW-6300
200m潜水用防水機能を搭載した初代フロッグマン
1994年
国際イルカ・クジラ
会議記念モデル
最初の環境活動協賛モデル
1996年
G Presents
Lover’s Collection
G-SHOCKとBABY-Gを組み合わせたペアウオッチ
1996年
MRG-1
“MR-G”シリーズの1号機
1996年
MRG-100
フルメタルで耐衝撃構造を実現
1998年
DW-9300
G-SHOCKで初めてソーラー駆動システム“タフソーラー”を搭載
2000年
GW-100
G-SHOCKで初めて電波受信機能を搭載
2002年
GW-300
G-SHOCKで初めて電波ソーラー機能を搭載
2008年
GW-9200
世界6局の標準電波に対応した「マルチバンド6」を搭載
2008年
GS-1200
薄型アナログ電波ソーラームーブメントを「タフムーブメント」搭載
2010年
GW-3000
耐遠心重力性能を備えたパイロット仕様モデル
2012年
GW-4000
耐衝撃、耐遠心重力、耐振動性能を備えた「TRIPLE G RESIST」を搭載
2012年
GB-6900
スマートフォンとの連携機能を搭載
2012年
GW-A1000
多彩な機能をスムーズに操作できるシステム「Smart Access」を搭載
2014年
GPW-1000
GPS電波受信機能と世界6局の標準電波受信機能を搭載
2017年
GPW-2000
標準電波とGPS衛星電波の受信に加え、タイムサーバー接続ができる「Connected エンジン 3-way」を搭載

8月31日、山形カシオでは、累計1億個の出荷を記念した式典を開催しました。記念式典では、“G-SHOCK”の最上位シリーズとなる“MR-G”の「MRG-G1000B-1A4」に「100,000,000」をナンバリングした特別裏蓋を取り付けました
「MRG-G1000B-1A4」は、GPS電波と標準電波を受信するハイブリッドの時刻取得システムを備えながら、“赤備え”をデザインテーマに“G-SHOCK”が持つ「強さ」を表現しています。

  • 販売は予定しておりません。
記念式(左から2人目:増田時計事業部長)
記念裏蓋の取り付け
記念裏蓋
累計出荷1億個を記念して
裏蓋にナンバリングを施した
MRG-G1000B-1A4
(2017年発売)