FAQ よくあるご質問


[Answer] 採用・選考について

Q
女性の採用はどのぐらいありますか。
A
男女別の採用計画数は定めていません。募集職種に期待される基礎的知識やスキルと一人一人の資質を重視して選考を行います。男女問わず高い意欲と能力を持った方々には活躍の場が用意されています。

Q
英語力は必要ですか。
A
CASIOは全世界に商品をお届けしている会社であり、日本の会社のビジネスの国際化も近年ますます進んでいるため、英語力は希望職種に関わらずみなさんに必要なスキルと考えます。国内で仕事をする上でも世界基準の視野を持ち、コミュニケーションを図るための有効な手段となり得るからです。採用時の基準はありませんが、入社までにTOEIC500点(海外営業志望は700点以上)に挑戦していただきます。入社後は、語学研修制度等を活用して各々さらに向上していただきます。
◎詳しくは、「CASIOで成長する」のページをご覧下さい。

Q
英語以外の外国語も必要ですか。
A
中国語圏やスペイン語圏等でのビジネスもありますので、これらの語学力も職種によっては考慮しています。

Q
語学以外で必要な専門能力はありますか。
A
専攻や専門領域に関する知識 / 技能の他には、応募職種で使用するスキルや基礎的知識を重視しています。専門領域以外の知識や情報でも実務(仕事)の場で役に立つと思われるものは考慮します。

Q
持っていると採用に有利な資格はありますか。
A
資格は客観的なものさしにすぎませんので、資格取得を自分の道標にしながら、早期に将来のキャリアビジョンを描いて実践していくことが重要だと考えています。

Q
障害者採用の状況を教えてください。
A
私達はあらゆる人たちが働きやすい環境作りにつとめています。障害の有無にかかわらず、仕事に求められる知識や能力があれば同じ職場で受入れています。障害をお持ちの方に向けたページもありますのでご覧ください。何かご不明な点等ありましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。より多くの方の積極的なご応募をお待ちしています。
◎詳しくは、「障害者採用情報」のページをご覧下さい。

[Answer] 配属・人事制度について

Q
配属はどのように決まるのですか。また、配属先部門等の希望はかなえられますか。
A
一人一人の特性や希望等を配属前の個人面接を通じて確認し、スキルや専門性、ビジネス・ニーズ等を総合的に勘案し決定します。ほとんどの方が、第三希望までの範囲で希望を反映した配属を実現しています。また他部門や他品目への異動はスキル、専門性や個人的な資質、部門のニーズや本人適性等を考慮し配属します。

Q
勤務地はどのようにして決定するのですか。
A
エンジニア系の仕事につく方は主として羽村技術センター(一部、八王子技術センターおよび初台本社)になります。営業およびスタッフ系の仕事につく方は本社(初台)及び全国主要都市にある営業拠点になります。

Q
人事異動は定期的にあるのですか。
A
経営年度の始まる4月に異動が増える傾向にありますが、異動は必要に応じて、随時行います。

Q
個人の希望で新しい仕事に異動できる仕組みがありますか。
A
挑戦したい仕事や異動先を申告登録する「キャリアチャレンジ制度」「キャリアチャレンジAdvanced制度」や「人材公募制度」を導入しています。これらの制度を活用し、希望を叶え、活躍している社員が増えています。
◎詳しくは、「CASIOで成長する」のページをご覧下さい。

Q
個々人の成績はどのような仕組みで評価されているのですか。
A
実力重視の人事を行なうため、仕事ぶりだけでなく実績や貢献度を評価する制度を実施しています。
◎詳しくは、「CASIOで成長する」のページをご覧下さい。

Q
教育研修制度はどのようになっていますか。
A
入社直後の新入社員研修・2年目のフォロー研修以降は職種や階層別に教育機会を提供しています。若手社員向けの研修では、3年目のキャリア方向性の開発を支援するキャリア開発研修のほか、スキルアップを目的とした選択型のスキル選択型研修などがあります。また技術系、営業系、スタッフ系の系統別に、それぞれ必要な知識・スキルに応じた職能別研修を実施しております。
◎詳しくは、「CASIOで成長する」のページをご覧下さい。

Q
公的資格の取得を支援する制度があれば教えてください。
A
公的資格の取得は自己啓発で行ないます。自己啓発制度の対象と範囲内で援助を行ないます。

Q
海外勤務を希望していますが、かなえられますか。
A
海外勤務を含めた異動配置は、現在の仕事を充分満足に遂行し、新しい仕事をする上で必要な知識やスキルがあると判断される候補者の中から最適任者を選抜します。 仕事の資格要件を満たす人材に成長することで異動実現の可能性は高くなります。

Q
女性が活躍できる職場の制約がありますか。
A
男女の分け隔てなく、あらゆる職場や職種において、同様に活躍のチャンスはあります。一人一人の希望等を確認した上で部門に配属します。そこで意欲的に取組み、成果を出していくことでさらに上位のテーマが用意されています。能力と意欲があれば男女問わず、誰でもチャレンジできる環境を準備しています。活躍中の女性社員も紹介されていますのでこちらもご覧ください。

[Answer] 待遇・福利厚生について

Q
独身寮・社宅はありますか。
A
自宅からの通勤が不可能な新入社員は独身寮を利用できます。 転勤の場合にも希望すれば社宅が貸与されます。

Q
フレックスタイム制は導入されていますか。
A
フレックスタイム勤務制度は導入していませんが、残業を行った時間分のお休みを取得することができる時間代休制度や、有給休暇を1時間単位で分割して取得できる制度があります。個人の予定と業務の都合に合わせて取得することで出勤・退勤時間をフレキシブルに設定できます。
◎詳しくは、「安心して働く」のページをご覧下さい。

Q
有給休暇について教えてください。(休暇はきちんととれますか?)
A
有給休暇は3ヶ月毎に1回の頻度で計画的に取得を促進する仕組があります。またそれ以外でも業務に支障がないように取得し、オンとオフをそれぞれ楽しんでいる社員が多いです。また会社としては、家族の誕生日・個人的な記念日 (アニバーサリー)やボランティア活動などへの積極的な有給休暇取得を推奨しております。

Q
育児休暇はどのぐらいとれるのでしょうか。
A
対象となるお子さんの誕生日翌日から最長1年6ヶ月まで取得ができます。この制度を利用し、ほとんどの社員が仕事と家庭を両立するようになりました。またお子さんの小学校3年修了前までは、1日2時間までの範囲で勤務時間が短縮できる制度も設けています。

Q
家族を介護するために休業することはできるのでしょうか。
A
勤続一年以上の従業員で、両親・配偶者・子など定められた親族の介護が必要な場合には、一定の期間内の休業や勤務時間短縮が可能です。

Q
社内での部活・サークル活動は行われていますか。
A
事業所単位でカシオグループ福祉会が運営する体育系・文化系のサークルがあります。
特にサッカーやテニスを中心に様々な活動が行われ、社員同士の交流にも一役買っています。

Q
保養所等の施設について教えてください。
A
保養所は、湯河原に施設があります。

Q
リフレッシュ休暇制度はありますか。
A
勤続10年、20年および30年の時点で特別休暇と記念品が支給されます。

Q
社員食堂はありますか。
A
本社および主要な事業所に設けています。営業所勤務の場合には、食堂施設に代わる食事手当を支給しています。

[Answer] 日常勤務・仕事について

Q
1日のおおよその仕事の流れについて教えてください。
A
就業時間は8:50~17:30で(休憩時間は55分間)、基本的に時間管理やスケジューリングは各々が自主管理して取組んでいます。仕事そのものを自分でコントロールしやすい環境が用意されています。

Q
残業は多いのでしょうか。
A
業務の繁忙時期は担当する仕事や部門によって異なりますが、現在では全社を挙げて「時間外ゼロ運動」を推奨し、残業時間削減に取り組んでおります。社員は各自職務の生産性向上をはかり、就業時間内で成果を出せるように努めております。

Q
現在予定されている新規事業はどのようなものがありますか。
A
私達は日々新たな技術開発にチャレンジしていますので、もちろん新規プロジェクトも推進中です。申し訳ありませんが、まだ現時点では具体的な内容は申しあげられません。 時期がくれば発表がありますので楽しみにしていてください。

Q
海外勤務の場合、期間はどのぐらいになるのですか。
A
海外勤務の目的や赴任先での役割 / 職位によりますが一般的には3~5年です。

Q
出張は多いのですか。
A
取引先との営業活動、製品開発に於ける設計や製造の技術指導を担当していると、出張の機会も多くなります。

Q
入社後、どのぐらいで仕事がまかせてもらえるのですか。
A
入社後2年程度は仕事を通じて、社内の仕組みやベースの習得が中心になりますが、その後は一人一人の特性を活かした業務に取り組んでいただきます。能力と意欲がある社員には年齢や性別に関わらず、どんどん仕事を任せてもらえます。

[Answer] CASIOについて

Q
社是を教えてください。
A
経営理念は「創造・貢献」です。これは「これまで世の中になかったような独創的な商品を“創造”することを通して、人々の生活向上等、社会に“貢献”する」という考え方です。

Q
どのような社風なのですか。
A
社内は風通しの良い「自由闊達」な組織風土です。

Q
ここ数年の業績、部門別の売上構成比を教えてください。
A
決算参考資料 」をご参照ください。