カシオの歩み

1957

カシオ計算機は、1957年に、忠雄・俊雄・和雄・幸雄の樫尾四兄弟が、純電気式デジタル計算機「14-A」の開発に成功し、設立した会社です。

1957

1957年 世界初の小型純電気式計算機 「14-A」を発売

1965

1965年 メモリーつき電子式卓上計算機 「001」を発売

0000

1970年 東京証券取引所第2部に株式上場

1972

1972年 世界初のパーソナル電卓 「カシオミニ」 を発売し、電卓の個人需要を創造

0000

1972年 東京証券取引所第1部に株式上場

1974

1974年 オートカレンダー機能を搭載した電子腕時計「カシオトロン」発売

1980

1980年 誰にでも自然楽器の音が楽しめる電子キーボード 「カシオトーン 201」 発売

1981

1981年 英和辞典を搭載した電子辞書「TR-2000」を発売

1983

1983年 耐衝撃腕時計 「G-SHOCK」 を発売

1995

1995年 コンシューマ向け液晶モニターつきデジタルカメラ 「QV-10」 を発売

2002

2002年 世界最薄のカードサイズ液晶デジタルカメラ 「EXILIM」 発売

0000

2006年 電卓累計販売台数 10億台を達成

2008

2008年 高速連写デジタルカメラ「EX-F1」発売

0000

2009年 「G-SHOCK」の累計販売個数が5,000万個に到達