耐衝撃・防水・防塵・耐低温のタフカメラ“G’z EYE”

簡単操作で決定的瞬間をスーパースローに切り替える動画撮影機能を搭載

2017年10月11日

GZE-1

カシオ計算機は、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影に適したタフカメラの新ブランド“G’z EYE(ジーズアイ)”を立ち上げ、耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた『GZE-1』を10月27日に発売します。

今回ご案内する『GZE-1』は、ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど、様々なエクストリームスポーツでの使用に耐える4m落下耐衝撃性能※1、50m防水性能※2、IP6Xの防塵性能、-10°Cの耐低温性能を備えたタフカメラです。衝撃に強い腕時計“G-SHOCK”や、アウトドア向けセパレート型デジタルカメラ「Outdoor Recorder」シリーズで培ってきたノウハウを結集して開発。耐衝撃性能や防水性能はもちろん、190.8°(静止画)/170.4°(動画)の画角で撮影できる超広角レンズにより、広々とした背景で臨場感のある写真が撮影できます。さらに、決め技の瞬間など、動画の一部だけをスローモーションで撮影する「ドラマチックスロー機能」を備え、エクストリームスポーツの劇的な瞬間をドラマチックに演出します。

  • ※1 4.0mの高さから合板(ラワン材)への落下試験(当社独自規格による)をクリアしています。
  • ※2 水深50mの水中で30分間の連続使用(当社の定める試験条件による)が可能です。

デザインは、手に持ったときも格好良く見えるような武骨なフォルムに仕上げました。タフネス性能を実現する構造設計に加え、手に馴染むよう、ボタンの大きさやボタン間のスペースを綿密に計算しています。随所に配したバンパーは、落下衝撃からレンズやボタンを保護するとともに、ボタンへ指を導くガイドとしても役立つようにしました。
あわせて、専用アプリ「G’z EYE」を新たに開発。カメラと連携してスマートフォンに画像を転送できます。また、目の前のスポーツに集中できるように、シャッターボタンのみを画面に大きく表示し、スマートフォンを見ずにリモート撮影ができるモードも搭載。エクストリームスポーツの劇的な瞬間を的確に撮影できます。
様々なエクストリームスポーツでの使用に耐え、臨場感あふれる写真や動画が撮影できるタフカメラです。

機種名
メーカー希望小売価格
発売日
GZE-1
オープン
10月27日

詳細については、次ページ以降をご参照ください。