豊富な伝票書式データベースを収録

ユーザー自らが伝票書式を編集できる販売管理システム

外出先からでも受注入力・在庫確認や経営分析も可能

2017年10月31日

SANBOH 販売管理メニュー画面
SANBOH TOWNトップ画面

カシオ計算機は、ユーザー自らが伝票書式を編集でき、納品先の指定伝票にも簡単に対応可能な販売管理用ソフト『SANBOH(さんぼう) 販売管理』を本日発売します。また、食品業経営支援サイト『SANBOH TOWN』も併せて公開するにあたり、ご案内します。

当社は、中小企業に向けて、伝票発行や売上管理をサポートする販売管理システムを販売していますが、販売実績の最上位業種は食品業となっています。その食品業は売掛比率が高く、今後導入される軽減税率の影響が大きいことなどから、請求書発行や複数税率計算といった業務軽減のために、販売管理用ソフトに対するニーズが特に高い傾向にあります。

今回ご案内します『SANBOH 販売管理は、販売管理システムへのニーズが高い食品業を主な対象としたサービスです。長年培ったノウハウを活かし、使用頻度の高い120種類以上の豊富な伝票書式データベースを収録するとともに、ユーザーが伝票書式を編集できる機能を搭載。これによりスーパーやホテルなどに多い独自の指定伝票にも簡単に対応できます。
また、主に事務所で行う業務はローカル機能で、主に外出先で行う業務はクラウド機能で使用できるので、例えば操作性が重要な伝票発行はローカル機能、外出先で利用したい受注入力や在庫確認などはクラウド機能というように使い分けることができます。これにより、日配品が多く、営業担当が営業活動と納品を兼ねていることが多い食品業においては、クラウド機能の受注入力や在庫確認を活用することで業務効率の向上に役立てます。もちろん、ローカルとクラウドのデータベースは同期しているので、最新のデータで業務を行えます。
さらに、日々の蓄積データを経営に役立つ分析ができる経営分析機能も備えており、食品業経営を強力にサポートします。

  • カシオ計算機100%出資子会社であるCXDネクストがサービスを提供。利用にはソフトウェアのインストールが必要です。
サービス名
サービス開始日
提供価格
SANBOH 販売管理
10月31日
月額9,800円+税

また、本日公開となる食品業経営支援サイト『SANBOH TOWN』は、食品業の「業界情報」や「経営コラム」、「経営に役立つ気づきのポイント」や「経営者インタビュー」などを掲載しています。会員登録を行うと『SANBOH 販売管理』を30日間無料導入できます。

SANBOH販売管理の機能

機能名
内容
見積業務
見積書の新規作成や以前作成した見積書を複写し、作成できます。また、いつも使用している見積書のイメージ画像を表示して、入力することが可能です。
受注業務
作成した見積書から受注入力が行えます。また、売上業務と連携することで、常に最新の受注残高の把握が可能です。さらに、受注入力時には、在庫状況を確認しながら、発注伝票を同時に作成できます。
売上業務
使用している伝票をそのまま画面に表示し、売上伝票作成ができます。得意先ごとに過去の商品取引単価や単価掛率を自動的に表示することや、指定された伝票への印刷も可能です。
発注業務
新規での発注伝票作成のほか、過去の伝票を検索・複写することで伝票の作成ができます。また、発注データは仕入業務とデータ連携することで、お客様の業務内容に合わせた運用が可能です。
仕入業務
仕入・支払のデータを入力することで、仕入先への支払内容の確認に便利な買掛一覧表を自動集計するなど、正確な買掛残高の管理ができます。
在庫業務
売上・仕入業務と連動することで、リアルタイムでの在庫管理が可能です。また、複数の商品を組み合わせて販売するセット商品の管理にも対応しています。
発送業務
登録済みの得意先や仕入先、発送先の情報を利用して、宅配便の送付状や、はがき・封筒の宛名印刷ができます。
販売計画業務
本年度や翌年度の目標設定を、画面の質問に答えるだけで、販売計画の策定ができます。また、日々計上される売上や粗利益は、設定した販売計画と突き合わせされ、目標達成や下振れを、お知らせ画面で表示します。
経営分析業務
売上伝票や仕入伝票などを作成するために入力されたデータを見やすい表やグラフに変換して表示します。さらに、その内容を深く掘り下げて確認ができるので、会社の強みや改善すべき課題など、必要な情報を「見える化」して経営をサポートします。
  • クラウド環境でも利用できる機能を有しています。

ご掲載いただく際のお問い合わせ先
カシオ計算機 SMB戦略室 TEL.03-6316-4734(直通)