「健康経営優良法人2018」
大規模法人部門(ホワイト500)に認定

2018年2月21日

カシオ計算機は、2月20日、経済産業省と日本健康会議が主催し、優良な健康経営を実践している法人を選定する「健康経営優良法人2018」大規模法人部門(ホワイト500)に認定されました。

「健康経営優良法人(ホワイト500)」とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

当社では、従業員が生き生きと働き、仕事を通じて最大のパフォーマンスを発揮できることを福利厚生の基本方針として掲げています。従業員の状況変化やニーズの多様性を踏まえて、様々な面で従業員の健康維持をサポートできるよう個々の施策の充実に努めてきた取り組みが評価され、今回の認定につながりました。

当社の具体的な施策

  • 定期健康診断後の対象者への特定保健指導や事後措置フォロー
  • 生活習慣病の早期予防を目的とした生活改善を支援する「35歳からの健康支援」の実施
  • 社内の事業所や営業所で健康に関する情報提供や各種体験を行う「健康フェア」の開催
  • メンタルヘルス不調やその他私傷病になった際、段階的に職場復帰を支援する制度など治療と仕事の両立支援
  • 従業員の多様な事情や希望に合わせ時間単位で有休が取得できる時間有休制度の整備

当社は今後も引き続き、従業員の健康保持・増進を図ることにより従業員一人ひとりが安心して働ける職場環境づくりを推進してまいります。