“PRO TREK Smart”をBtoBに展開

岡山県警察本部が当社のリストデバイスを導入

業務用スマートフォンのセキュリティ対策や緊急連絡の手元表示として活用

2018年4月20日

このたびカシオ計算機は、岡山県警察本部が当社のリストデバイス『PRO TREK Smart WSD-F20AB』1,800台の導入を決定しましたので、ご案内します。岡山県警察本部では、警察本部と全ての警察署において、警察官が業務で携行するスマートフォンのセキュリティ対策等に活用します。

岡山県警察本部では、全国に先駆けて2009年からPITシステム※1を運用してきましたが、PIT端末の老朽化に伴い、PIT端末をスマートフォンに、PITキーをスマートウオッチに更新することを決定。複数の機種を検討した結果、5気圧防水やMIL規格準拠※2などタフネス性能に優れた点などを評価し、当社の『PRO TREK Smart WSD-F20AB』の導入に至りました。導入台数は1,800台で、本年4月23日より稼働を開始します。

  • ※1 Police Integrated information Tool。警察官が携行する携帯電話(PIT端末)とBluetooth®の発信機(PITキー)から構成され、PIT端末のGPSを利用することで、活動位置の確認や現場と警察署などで情報の共有化を可能としている。また、両者のBluetooth通信が切断された場合、PIT端末内の全てのデータが消去されるセキュリティ対策も施されている。

今回の更新で、従来のPITキーの機能を当社のリストデバイスで実現するとともに、専用機能として新たに開発したアプリケーションにより、緊急の電話・メール・110番情報の表示や、非常事態時の緊急発信などが可能となり、迅速な対応が求められる現場での活用に大きな期待が寄せられています。

当社では今回の岡山県警察本部への納入を機に、今後、リストデバイスのBtoB用途への積極的な展開を図ってまいります。

WSD-F20AB

<PRO TREK Smart WSD-F20AB>

OSにWear OS by Googleを採用、5気圧防水やMIL規格準拠※2に加え、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を備え、アウトドアでの活動シーンを広げたリストデバイス「PRO TREK Smart WSD-F20」の法人向けモデルです。

  • ※2 MIL-STD-810Gの下記10項目を試験済
    • 落下:MIL-STD-810G Method 516.7 ProcedureⅣに準拠した試験を実施。
    • 振動:MIL-STD-810G Method 514.7 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
    • 湿度:MIL-STD-810G Method 507.6 ProcedureⅡに準拠した試験を実施。
    • 太陽光照射:MIL-STD-810G Method 505.6 ProcedureⅡに準拠した試験を実施。
    • 低圧保管:MIL-STD-810G Method 500.6 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
    • 低圧動作:MIL-STD-810G Method 500.6 ProcedureⅡ に準拠した試験を実施。
    • 高温保管:MIL-STD-810G Method 501.6 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
    • 低温保管:MIL-STD-810G Method 502.6 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
    • 温度衝撃:MIL-STD-810G Method 503.6 ProcedureⅠ-Cに準拠した試験を実施。
    • 氷結:MIL-STD-810G Method 521.4 ProcedureⅠに準拠した試験を実施。
    • 本端末の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての環境での動作を保証するものではありません。また、無破損、無故障を保証するものではありません

    • Wear OS by GoogleはGoogle LLC の商標です。
    • Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.の商標または登録商標です。