水銀フリー社会を目指す熊本県の取り組みに賛同

熊本県に当社の水銀フリーのプロジェクターを寄贈

2018年7月31日

XJ-F210WN

カシオ計算機は、「水銀フリー社会」の実現を目指す熊本県の取り組みに賛同し、当社の水銀フリーのプロジェクター『XJ-F210WN』を5台寄贈することを決定いたしましたので、ご案内します。

当社は2010年に、高圧水銀ランプを使わない独自のレーザー&LEDハイブリッド光源を搭載したプロジェクターを発売。以後、ラインアップの拡充を進め、全てのプロジェクターで水銀フリーを実現しております。
一方、熊本県では、2013年に開催された「水銀に関する水俣条約」外交会議の中で“水銀フリー熊本宣言”を行い、水銀をできるだけ使用しない社会、「水銀フリー社会」の実現を目指して、国内外における情報発信や、水銀含有廃棄物の適正な処理を推進するなど様々な取り組みを行っています。

  • 水銀及び水銀化合物の人為的な排出および放出から人の健康と環境を保護することを目的とし、水銀の採掘から貿易、使用、排出、放出、廃棄に至るライフサイクル全体を包括的に規制する国際条約。2013年に採択され、締結国が50カ国に達したのを機に2017年8月16日に発効。2018年7月31日時点、94カ国が締結している。

今回、当社では「水銀フリー」社会を目指す熊本県の取り組みに賛同し、その活動を支援するべく、本年「水銀に関する水俣条約」採択から5周年を迎えるのを機に、当社製のプロジェクターを寄贈することといたしました。寄贈するプロジェクターは、今後熊本県庁内の会議や研修などで活用される予定です。

なお、来る8月7日に熊本県庁において、蒲島郁夫熊本県知事ご出席のもと、贈呈式を執り行う予定です。