Android™8.1を搭載

持ちやすさや操作性を向上させたグリップ型のハンディターミナル

導入や運用をサポートするソフトウェアも充実

2018年8月29日

DT-X400
DT-X400

カシオ計算機は、Androidプラットフォームを採用したハンディターミナルの新製品として、持ちやすさや入力のしやすさを追求し、使い勝手を向上させた『DT-X400』(6機種)を11月より順次発売します。

今回ご案内します『DT-X400』は、グリップ性を考慮した本体サイズと、本体上部やキー部に採り入れたラウンド形状により、持ちやすさの向上と滑らかな操作を可能にしています。また、トリガキーをセンターとサイドに加えて背面にも配することで、業務スタイルにあわせたスキャンができます。スキャナの角度は25°と60°のモデルを用意し、例えば、物流業の倉庫における棚のスキャンであれば25°の機種、運輸業の直貼り伝票や机上の書類のスキャンであれば60°の機種と、用途に合わせた選択も可能です。加えて、3.2型高精細液晶を採用することで、画面上に表示できる情報量も向上させました。

もちろん、3mからの落下に耐える落下強度や、IP67※1に準拠した防塵・防水性能など、好評のタフネス性能を備えているほか、30時間※2の連続駆動が可能など、高い基本性能を有しています。また、『DT-X400-C21/WC21/C31/WC31』は、カメラ機能やNFCを搭載。中でも『DT-X400-WC21/WC31』は、ワイヤレスWANを備えており、運輸業などの屋外においてもリアルタイムでのデータ通信による運用ができるほか、音声通話にも対応しています。

  • ※1 粉塵が内部に侵入しない。一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない。
  • ※2 JEITA Gモードでの使用時

さらに、多数の機器の設定が簡潔に行えるツールや、パソコンとのファイルのやり取りが容易に行えるツールなど、導入や運用をサポートするソフトウェアも充実させました。

モデル名
スキャナ
スキャナ角度
カメラ
NFC
W-WAN
価格
発売月
DT-X400-10
半導体レーザー
25°
オープン
11月
DT-X400-20
C-MOSイメージャ
25°
12月
DT-X400-C21
C-MOSイメージャ
25°
DT-X400-WC21
C-MOSイメージャ
25°
DT-X400-C31
C-MOSイメージャ
60°
DT-X400-WC31
C-MOSイメージャ
60°

DT-X400の主な仕様

CPU
Qualcomm 1.3GHz Quad Core
OS
Android 8.1
メモリ
RAM
2GB
FROM
16GB
表示
ディスプレイ
3.2型透過型カラーTFT液晶(800×480ドット)
タッチパネル
抵抗膜方式タッチパネル
入力デバイス
スキャナ
DT-X400-10:半導体レーザー、スキャナ角度25°
DT-X400-20/C21/WC21:C-MOSイメージャ、スキャナ角度25°
DT-X400-C31/WC31:C-MOSイメージャ、スキャナ角度60°
カメラ
DT-X400-C21/WC21/C31/WC31のみ
有効画素数:800万画素、オートフォーカス、LEDフラッシュ
NFC
DT-X400-C21/WC21/C31/WC31のみ
ISO14443 TypeA / TypeB / FeliCa® / ISO15693
GPS
DT-X400-WC21/WC31のみ
内蔵、A-GPS対応
通信
Bluetooth®
Ver.4.1+EDR/LE
ワイヤレスLAN
IEEE802.11a/b/g/n
ワイヤレスWAN
DT-X400-WC21/WC31のみ
GSM / W-CDMA / LTE対応
nano SIMスロット×1
耐環境性能
落下強度
3.0m
防塵・防水
IP67準拠
センサー
加速度、照度、近接センサー
拡張機能
USB
USB2.0×1(USB Type-C)
カードスロット
microSD×1
電源
主電池
リチウムイオン充電池
副電池
リチウムイオン充電池(内蔵型)
外形寸法(幅×奥行き×高さ)
約66(グリップ部:約45)×約196×約38(グリップ部:約33)mm
質量
約260g(充電池パック装着時)
  • AndroidはGoogle LLCの商標です。
  • Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
  • その他のサービス名、製品名などは各社の商標または登録商標です。