初代”G-SHOCK”「DW-5000C」が蘇る 期間限定レストアサービス

2018年10月31日

DW-5000C
DW-5600C

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ”G-SHOCK”の誕生35周年企画として、初代モデル「DW-5000C」とそのデザインを引き継ぐ「DW-5600C」を対象に、期間限定でベゼル、バンド、電池を交換するサービスを実施します。11月1日午前9時より専用のWEBサイトで受付を開始します。

受付期間
2018年11月1日 9:00 ~ 2019年1月31日
申し込み方法
対象製品
DW-5000C・DW-5600C
料金
9,600円(税抜き)
サービス内容
べゼル・バンド・電池交換
  • サービスに関する特記事項は上記WEBサイトをご参照下さい。

今回のサービスは、”G-SHOCK”をいつまでも使い続けたいというお客様の熱いご要望に応えるべく、”G-SHOCK”の象徴ともいえるスクエアデザインを生み出した初代モデル「DW-5000C」(1983年発売)と、そのデザインを引き継いだロングセラーモデル5600シリーズの第一弾「DW-5600C」(1987年発売)を対象に、期間限定で実施するものです。オリジナルパーツをもとにして樹脂パーツを複製する「光成形技術」を用いて部品を複製することで、従来は対応できなかった「DW-5000C」と「DW-5600C」の外装部の交換が可能となりました。

当社では、常に既存の常識に挑戦してきた“G-SHOCK”に相応しく、アフターサービスにおいても既成概念にとらわれず、新たな手法を採り入れることで、今後も“G-SHOCK”ファンとの絆をより強めてまいります。