“G-SHOCK”35年間の売上ベスト3を発表

ロングセラーの定番とビッグなあのモデルがランクイン

2019年2月22日

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年に35周年を迎えたのを機に、これまでのモデル別の出荷履歴を集計しました。2017年には累計出荷数1億個を突破した“G-SHOCK”、その35年間で出荷した1億個を超える中から国内での上位3モデルを発表いたします。

【集計方法】

  • 日本国内へ出荷されたモデルが対象です。
  • カラーバリエーションを含む、ベースモデルの出荷数量を集計。

「XX-〇〇〇〇」(今回1位のモデルだと「DW-6900」)までの型番が共通のモデルを同一のモデルとして数えています。
例えば、「DW-6900MR」は「DW-6900」に含みますが「DW-6935C」は含みません。

第1位「DW-6900」1995年発売

DW-6900B-9

「DW-6900」は、“G-SHOCK”で初めてELバックライトを搭載した「DW-6600」(1994年発売)に続いて発売され、バックライトに文字やマークが浮かび上がる仕様が人気に。さまざまなタイアップモデルやテーマモデルのベースとなり、堂々の第1位となりました。

第2位「DW-5600」1996年発売

DW-5600E-1

“G-SHOCK”の初号機「DW-5000C」(1983年発売)の系譜を受け継ぐスクエア型のモデル。開発者が2年以上の月日を経てたどり着いたまさに「機能美」と呼べるデザインは、“G-SHOCK”を象徴するモデルとして長きにわたり支持されています。

第3位「GA-110」2010年発売

GA-110-1A

3モデルの中では最も新しいモデルで、緻密なパーツを組み上げたそのデザインから、これまでにさまざまなカラーバリエーションが発売されてきました。大きなサイズから、特に海外でも人気が高いモデルです。

併せて、全世界でのランキングもご紹介します。

第1位「GA-110」
第2位「GA-100」
第3位「DW-6900」

「GA-100」2010年発売

GA-110と同様、その大きなサイズから海外で人気のモデルです。シンメトリーに配置された液晶とダイナミックなデザインが特徴です。

“G-SHOCK”は、これまで多くの皆様にご愛顧頂き35周年を迎えることができました。そして、これまでの35年の歴史を塗り替えるべく、36年目の本年も多くの新製品を発売する予定です。皆様に期待して頂ける、そしてその期待を超えていくブランドであり続けられるよう、これからも“G-SHOCK”は進化し、そしてチャレンジし続けてまいります。
36年目の“G-SHOCK”に、どうぞご期待ください。