2つの税率の税込総額・税抜総額・税総額が算出可能

10%と8%の消費税計算が簡単にできる「軽減税率電卓」

2023年より採用予定のインボイス制度にも対応

2019年5月16日

軽減税率電卓「JF-200RC」

カシオ計算機は、今年10月より導入予定の軽減税率に対応し、10%と8%の2つの税率計算が簡単に行える『軽減税率電卓』2機種を、6月7日より発売します。

新製品は、本体に2つの税率キーと「税計算合計」機能の採用により、10%と8%の税率が混在する計算でも、税込総額・税抜総額・税総額の算出が可能です。これにより、10%と8%の合計額を計算する際、10%の品目の計算を行ってから、次に8%の計算をするといった煩雑さを軽減します。また、それぞれの税率による税込総額・税抜総額・税総額もワンタッチで表示することができます。
軽減税率制度の導入に伴い、軽減税率対象品目を取り扱う小売店や卸売業者、テイクアウトに対応した飲食店、また確定申告の際に経費の計算が必要になる個人事業主の方に最適なモデルです。

さらに、2023年より導入予定の適格請求書等保存方式(インボイス制度)にも対応しており、請求書や納品書の記載必要項目である総合計・消費税合計・税率ごとの総額/税総額を一度に算出できます。

  • 課税事業者が発行するインボイス(請求書や納品書)に記載された税額のみを控除することができる「仕入れ税額控除」の方式。軽減税率の導入に伴い、事業者が発行する請求書に取引内容における適用税率・税率ごとの消費税額の記載が義務づけられる。
シリーズ
機種名
メーカー希望小売価格
発売日
軽減税率電卓
JF-200RC
オープン
6月7日
DF-200RC

■ 計算例

お酒(税抜1,000円・税率10%)1本とジュース(税抜150円・税率8%)1本、雑誌(税抜620円・税率10%)1冊の合計額を計算する場合。

  • [税込1]キーは税率10%、[税込2]キーは税率8%に設定されています。

«税率が混在する計算も一度に算出可能»

税率が混在する計算も一度に算出可能

■ 適格請求書等保存方式(インボイス制度)による請求書イメージ

税率ごとの合計額の記載が必要に
JF-200RC(ジャストタイプ)
DF-200RC(デスクタイプ)

新製品の主な仕様

機種名
JF-200RC
DF-200RC
タイプ
ジャストタイプ
デスクタイプ
液晶表示
負記号(-)、エラー(E)、計算状態表示、3桁位取り表示、定数(K) 、メモリー(M)、グランドトータル(GT)、税計算表示(税1、税2、税込、税抜、税GT、総合計)、電池交換状態表示
計算機能
加減乗除計算、税計算(2種類の税率)、税計算合計、パーセント計算、定数計算、概数計算、グランドトータル計算
計算桁数
置数12桁
メモリー
独立メモリー1組、グランドトータルメモリー1組
電源
TWO WAY POWER 太陽電池(内蔵)、アルカリ電池(CR2032×1個)
電池寿命
CR2032 約7年
オートパワーオフ
約6分で自動電源OFF
大きさ
幅108×奥行181.5×高さ23.4mm
幅126×奥行179×高さ30.9mm
質量
約160g
約180g