初代“G-SHOCK”が国立科学博物館の未来技術遺産に登録

2019年9月3日

DW-5000C

カシオ計算機は、1983年に発売した耐衝撃腕時計“G-SHOCK”の初代モデル「DW-5000C」が、腕時計に対する価値観を大きく変えた製品として、国立科学博物館が主催する2019年度未来技術遺産(重要科学技術史資料)に登録されましたので、ご案内いたします。

未来技術遺産は、独立行政法人国立科学博物館(館長:林 良博)が、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図るため、2008年度から実施している登録制度です。

一方、「DW-5000C」は、耐衝撃腕時計“G-SHOCK”の初代モデルです。「衝撃に弱く、壊れやすい」という腕時計の常識を覆し、腕時計に対する価値観を一新しました。その後、“G-SHOCK”は機能美を表現したデザイン性の高さにより、デジタルウオッチのイメージも一新し、デジタルウオッチを若者文化に浸透させました。

今回、「DW-5000C」は腕時計に対する価値観を大きく変えたことが評価され、2019年度未来技術遺産に登録されました。“G-SHOCK”は現在までに世界約130カ国で1億個以上を出荷、単一の腕時計ブランドとしては希有の売上を記録。開発したモデルは3000種類を超え、常に進化を続けることで腕時計のジャンルを超えたオンリーワンのブランドに成長しました。

なお、当社の登録は、2008年度の「電子式卓上計算機 カシオミニ」、2009年度の「デジタルカメラ試作機 DC-90」、2012年度の「液晶デジタルカメラ QV-10」、2013年度の「カード型電卓 SL-800」、2014年度の「科学技術用計算機 AL-1」に続き、6回目となります。