株式会社アシックスと共同開発
ランナー向けサービスコンテンツをウェアラブルEXPOで初披露

2020年1月30日

アシックスブース
共同開発

カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樫尾 和宏)は、株式会社アシックス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長COO:廣田 康人、以下アシックス)と共同で、2020年2月12日から14日に東京ビッグサイトで開催される「第6回ウェアラブルEXPO」に出展します。

今回のブースでは、アシックスが当社と共同開発を進めているウエアラブルデバイスを用いたランナー向けの新しいサービスコンテンツの体験コーナーを設けます。当社のセンシング技術とアシックススポーツ工学研究所の知見とを融合させ、ランニングフォームの分析に基づく、お客さま一人ひとりに合ったコーチングや、からだづくりプログラムの提案など、新たなランニング体験を提供します。

当社は、経営理念「創造・貢献」のもと、電卓や時計、楽器、デジタルカメラなど、様々な独創的な商品の開発を通じて、新たな市場を創造し、社会に貢献してまいりました。
昨年5月には、当社初となる中期経営計画を策定。「創造・貢献」の原点に立ち返り、カシオらしい独創性のある技術で新規市場の創造に向けた取り組みを開始しており、スポーツのデジタル化を目指して、アシックスとの業務提携を結びました。カシオがもつセンシング技術・運動解析技術・ハードウエア開発技術と、アシックスがもつスポーツ工学の知見やノウハウ・ランナーのビッグデータを融合させ、ランナー向けの新しいサービスの提供を目指しております。
その第一弾が、今回出展するランナー向けサービスコンテンツであり、一人ひとりに合った最適な「ランニング体験」を提供するものです。2020年内に、ウエアラブルデバイスの一般発売、及びサービスを開始する予定です。