6Kカーボンを採用した“EDIFICE”と「Scuderia AlphaTauri」コラボレーションモデル

チームカラーのネイビーと蛍光色をアクセントカラーに採用

2021年8月24日

EQB-1200AT

カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE”の新製品として、文字板にF1™マシンと同様の6Kカーボンを採用した、F1™チーム「Scuderia AlphaTauri」とのコラボレーションモデル『EQB-1200AT』を9月17日に発売します。

  • 6,000本のカーボンファイバーの束を織り込んだ素材。

「Scuderia AlphaTauri」は、新進気鋭の若手ドライバーを擁するF1™チームです。当社は、高度な技術とスピードを追求する情熱が“EDIFICE”のコンセプトと通じ合うことから、「Scuderia Toro Rosso」時代の2016年よりオフィシャルパートナーとしてサポートしています。今期より、日本人ドライバー角田裕毅選手も加入し、さらなる活躍が期待されています。

EQB-1200AT』は、文字板に6Kカーボンを採用しています。マシンのウイングやフロア部分に使用されるものと同様に、高強度なカーボン素材で織り込んだものを時計デザインに用い、F1™のテクノロジーを注ぎ込んだデザインに仕上げました。カラーリングは、チームカラーのネイビーをベースに、メカニックがレース後に着用するウエアから着想を得た蛍光イエローを採用。視認性が求められる見切りや秒針、インダイヤルの小針、ストップウオッチボタンといった重要なパーツにアクセントとして配し、現場でのスムーズな作業と安全性を確保します。バンドには耐久性に優れるCORDURA®ファブリックを使用し、バンド上にはチームメンバーの夜間作業時の安全に配慮した再帰反射シートをプリントしています。交換用として、日常使いにも馴染む本革バンドも用意しました。

風防には、過酷なレースでも安心して使用できる高強度なサファイアガラスを採用しています。また、モバイルリンク機能を搭載し、専用アプリとの連携により自動で時刻修正を行うなど、分刻みのスケジュールをこなすメンバーが求める高精度な時刻表示を実現しました。ワールドタイムもアプリ上で簡単に約300都市から選べ、世界を転戦するチームを実用面からもサポートします。

型番
バンド素材
メーカー希望小売価格
発売日
EQB-1200AT
CORDURA®/本革
74,800円(税込)
9月17日
EQB-1200AT/本革バンド
6Kカーボン文字板
9時から12時にかけての見切り
秒針と小針
ストップウオッチボタン

EQB-1200ATの主な仕様

防水性
10気圧防水
通信仕様
通信規格
Bluetooth® low energy
通信距離
~2m(環境により変化)
ストップウオッチ
1秒、24時間計、フライバック付き、時刻モードからのワンプッシュ計測スタート付き
その他の機能
モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、携帯探索機能、ストップウオッチデータの転送等)、デュアルタイム、時刻アラーム、パワーセービング機能、日付・曜日表示、フルオートカレンダー
使用電源
タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続駆動時間
パワーセービング状態で約19カ月
大きさ
50.0×45.2×9.6mm
質量
約73g(CORDURA®バンド装着時)
  • Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。