品質

品質への取り組み

どんな環境でも確実に動くこと。いつでも安心・安全に使えること。それが、カシオのモノづくりの基本姿勢です。カシオは、設計段階から最終製品の完成に至るまで、つねに妥協のないモノづくりを実践しています。

品質への取り組み

設計段階での徹底した品質試験

製品のあらゆる使用状況を想定した品質規格を策定し、プロトタイピングによる厳しいテストを繰り返し実施しています。例えば、電子辞書の加圧テストでは、本体に荷重を加え、上方向からの堅牢性を検証します。また、高温や低温、乾燥あるいは高湿の環境、さらに振動・落下・塵埃・塩水・紫外線・静電気の影響など、製品ごとに求められる規格を全てクリアしたものだけが、工場での生産プロセスに進むことができます。

設計段階での徹底した品質試験

高水準の製造技術で品質を高める生産体制

山形カシオの「プレミアムプロダクションライン」では、高価格帯のブランド時計を生産しています。独自の製造装置で精度を極限まで高める技術と、上位の技能認定者のみが持つ人間の高度な技術を組み合わせ、高品質・高精度のモノづくりを追求しています。こうした日本の製造ノウハウを海外の生産拠点にも継承し、グローバルな生産体制の下で世界水準の高い製品クオリティを実現しています。

山形カシオ プレミアムプロダクトライン
山形カシオ プレミアムプロダクトライン
カシオタイ 電卓生産ライン
カシオタイ 電卓生産ライン