検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

カシオグループ倫理行動規範

Ⅰ.総則

1.目的

カシオグループ倫理行動規範(以下「本規範」といいます)は、カシオグループがグローバルに事業を展開するにあたり、すべての役員および従業員が、日常の活動において、国際規範、各国・地域で適用される法令、および社内規則等を遵守することはもとより、高い倫理観と良識をもって行動するための規範を定めたものです。

2.適用範囲

本規範は、カシオグループのすべての役員および従業員に適用します。なお、本規範において、「カシオグループ」とは、カシオ計算機株式会社、その子会社、およびカシオ計算機株式会社が実質的に経営権を有する関連会社をいい、また、「私たち」とはカシオグループのすべての役員および従業員をいいます。

3.規範遵守の責任

カシオグループの従業員は、本規範に定める事項を誠実に遵守するものとし、役員および部門長は、本規範を自らが率先して遵守するとともに、組織内に徹底します。

Ⅱ.行動規範

1.価値創造のために

1-1. 社会に有用な商品・サービスの提供

私たちは、常にゼロから考え新しい価値を創造する「0→1」の開発姿勢に基づき、社会に有用な商品とサービスを開発・提供し、持続可能な社会の発展に貢献します。

2.社会への責任を果たすために

2-1. 人権の尊重
  1. 私たちは、「世界人権宣言」等の人権に関する国際規範を支持、尊重し、人権侵害に加担しません。
  2. 私たちは、人種、信条、性別、年齢、社会的身分、門地、国籍、民族、宗教、障がいの有無、性転換、性的指向等による差別を行いません。
  3. 私たちは、いかなる差別的言動、暴力行為、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、プライバシー侵害、誹謗・中傷等、個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
  4. 私たちは、児童労働、強制労働・奴隷労働、および人身売買による労働を一切認めません。
  5. 私たちは、結社の自由、ならびに労働者の団結権および団体交渉をする権利をはじめとする労働基本権を尊重します。
2-2. 地球環境の保全
  1. 私たちは、地球環境および生物多様性の保全の重要性を理解し、日常活動のあらゆる場面において自主的かつ積極的に環境保全の活動に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。
  2. 私たちは、研究・開発、設計、資材調達、製造、物流、販売、商品使用、廃棄、リサイクル等のあらゆる段階において環境に配慮した商品やサービスを創造し、その普及促進に努めます。
  3. 私たちは、CO2の削減や吸収に貢献する商品やサービスを提供すると共に、再生可能エネルギーの利用に努め、低炭素社会の実現に取り組んでいきます。
  4. 私たちは、地球の貴重な財産である物質・材料、水の効率的な利用、代替および再利用を図り、資源循環型社会の実現に取り組んでいきます。
  5. 私たちは、環境破壊や人の健康・生態系に悪影響を及ぼすおそれのある有害物質に関する情報収集に努めると共に、生物多様性の保全活動を通じて、地球を大切にする心を育み、自然との共生に取り組んでいきます。
2-3. サプライチェーン全体での健全な取り組み

私たちは、サプライチェーン全体での相互繁栄の実現を図るべく、国際規範、法令・社会規範の遵守、人権、労働、安全、環境保全、腐敗防止、紛争鉱物の不使用、等について、サプライチェーン全体に渡り、健全な取り組みが行われるように努めます。

2-4. 社会との調和
  1. 私たちは、ある国・地域で許容される行為が、他の国・地域では、許容されないこともあることを認識し、事業活動を行う国や地域の文化や慣習を尊重し、行動します。
  2. 私たちは、「次世代教育」、「学術・研究」、「環境保全」、「地域社会活動」、「文化・芸術」の分野をはじめとする社会貢献活動を積極的に行います。

3.お客様の信頼を得るために

3-1. お客様への安全・安心の提供
  1. 私たちは、「品質絶対」の意識に基づき、商品・サービスの品質をまず第一に考え、優良品質の確保に努め、お客様に安全と安心を提供します。
  2. 私たちは、万一、商品・サービスに関する事故や安全性に問題のある情報を入手した場合は、迅速に事実の確認を行い、適切な措置を講じるとともに、被害を最小限にくいとどめ、再発防止に最善を尽くします。

4.良い職場を創るために

4-1. 働きやすい職場環境の構築
  1. 私たちは、互いの人格、個性、文化的背景、価値観、意見等の多様性を受け入れ、それを融合してより良い職場環境を創造していくよう努めます。
  2. 私たちは、ワーク・ライフ・バランスの重要性を理解し、多様な働き方を柔軟に受け入れます。
  3. 私たちは、安全かつ衛生的で快適な職場環境を維持し、日常から事故、労働災害等の防止や疾病の予防に努めます。
  4. 私たちは、健康を保持・増進するための取り組みに積極的に参画します。また、自分自身の健康だけでなく、周囲の健康にも配慮します。

5.自らの行動を正すために

5-1. 法令等の遵守

私たちは、あらゆる日常活動の場面において、国際規範、各国・地域で適用される法令、および社内規則等を遵守します。

5-2. 贈収賄の禁止、および接待・贈答の制限等
  1. 私たちは、贈収賄防止に関する法令を遵守し、公務員および政府関係者、ならびに他の事業者の役員および従業員に対し、贈賄とみなされる行為を行いません。また、賄賂も受領しません。
  2. 私たちは、お客様やお取引先等の役員および従業員への接待・贈答にあたっては、関連法令および社内規則を遵守するとともに、一般的な商慣習や社会通念上妥当と認められる範囲にとどめます。
  3. 私たちは、特定のお客様・お取引先等を有利に扱い、その見返りとして接待や贈答を受けるような行為は行いません。
  4. 私たちは、政治献金、寄付を行う場合は、その必要性や妥当性を十分考慮した上で、関連法令および社内規則に従って適切に行います。
5-3. 公正な競争と取引
  1. 私たちは、独占禁止法等の公正な競争と取引に関する法令を遵守し、談合・カルテル等の不正な行為を行いません。
  2. 私たちは、優越的な立場を利用し、取引条件の一方的な変更等を行いません。
  3. 私たちは、再販売価格の拘束、抱合せ販売、その他お取引先の事業活動に対する不当な拘束や制限となる行為を行いません。
  4. 私たちは、お客様の適正な商品・サービスの選択を誤らせるおそれのある不当な表示や過大な景品類の提供を行いません。
  5. 私たちは、お客様、お取引先等と適法、かつ適切な契約の締結を行います。
  6. 私たちは、下請事業者との取引において、下請法に基づき、発注時の書面の交付等の義務を遵守するとともに、不当な経済上の利益の提供の要請、受領拒否、下請代金の支払遅延や減額、不当な返品等を行いません。
5-4. インサイダー取引の禁止

私たちは、カシオグループまたは他の会社の株価に重大な影響を及ぼす情報を利用して、情報の公開前に株式等の売買(インサイダー取引)を行いません。また、第三者にインサイダー取引を誘発する行為も行いません。

5-5. 安全保障貿易管理の徹底

私たちは、商品および技術等の輸出取引に際し、関連法令および社内規則に従い、適正な輸出手続きを行います。

5-6. 反社会的勢力への関与の禁止
  1. 私たちは、社会的秩序の安定と維持に努め、反社会的な活動や勢力との関係を一切持ちません。
  2. 私たちは、反社会的勢力より不当な要求を受けた場合、すみやかに所定部門に連絡の上、組織として毅然とした態度で対処し、利益供与は一切行いません。
5-7. 公私の区別
  1. 私たちは、会社の財産(有形・無形を問わず)を適正に管理し、私的に流用する等、業務目的以外に利用しません。
  2. 私たちは、カシオグループの正当な利益に反して自分や第三者の利益をはかる行為を行いません。
  3. 私たちは、私生活においても健全な社会常識から逸脱した言動を行わないよう自らを律します。また、カシオグループの信用、名誉を傷つけず、かつ、カシオグループに損害を及ぼす行為を行いません。
5-8. 情報の保護
  1. 私たちは、お客さま、株主・投資家、役員、従業員、ならびに、お取引先の役員、従業員等の個人情報を、その収集、利用、提供、保管、廃棄において、関連法令および社内規則等を遵守し、漏洩することのないよう、細心の注意をもって取扱います。
  2. 私たちは、会社の機密情報を漏えいすることなく厳重に管理し、社内規則等の手続によることなく開示せず、また、在職中のみならず退職後も、不正・不当な利用をしません。
5-9. 知的財産の創造・保護と活用
  1. 私たちは、カシオグループの知的財産を創造・保護し、積極的活用に努めます。
  2. 私たちは、他者の知的財産権を尊重し、不正使用や侵害行為をしません。
5-10. 賃金・労働時間等の管理

私たちは、賃金その他給付や労働時間・休日について、関連法令および社内規則に従い、適切に管理を行います。

6.社会との信頼関係をつくるために

6-1. 社会とのコミュニケーションの促進
  1. 私たちは、お客さま、株主・投資家、従業員、地域社会、お取引先等さまざまなステークホルダーとの信頼関係の向上のため、コミュニケーションの促進に努めます。
  2. 私たちは、経営の透明性を高め社会への説明責任を果たすために、経営方針、事業内容、財務情報、CSR活動等の企業情報を適時、適切に開示します。また、開示した情報に対する社会からのご意見やご要望を謙虚に受け止め、以降の事業活動に反映させるよう努めます。
  3. 私たちは、財務・会計に関する記録および報告を含め、関連法令および社内規則等に基づき必要とされる記録、報告等を正確かつ明瞭に行い、それらの記録、報告等を適切に保管します。

Ⅲ.規範の維持

1.規範の制定および改廃

  1. 本規範の制定および改廃はカシオ計算機株式会社の取締役会が決定します。
    但し、カシオグループ各社は、各国・地域の法令や社会慣習、事業特性に配慮し、本規範の本旨と矛盾しない範囲で、各社の行動規範を制定することができます。
  2. 本規範の主管部門は、カシオ計算機株式会社 CSR推進部CSR推進室とします。

2.違反行為の報告

本規範に違反した行為または違反するおそれのある行為が行われていることを知ったカシオグループの役員および従業員は、「公益通報ホットライン事務局」もしくは各社の相談・申告窓口に相談してください。「公益通報ホットライン事務局」の受付窓口は、カシオ計算機株式会社内とカシオ計算機株式会社が定める外部機関に設けています。 この場合において、虚偽の通報や、他人を誹謗中傷する通報等の不正な目的の通報でない限り、通報者は、通報した事実によって報復等なんらの不利益も受けることはありません。

3.違反に対する措置

本規範に違反する行為を行った場合、関連法令やカシオグループ各社の就業規則等の定めるところにより、処罰の対象となる場合があります。

制定・改定履歴

平成10年10月21日 制定/実施
平成15年7月7日 第1回 改定
平成20年6月3日 第2回 改定
平成25年6月1日 第3回 改定
平成28年11月1日 第4回 改定

社員が「創造 貢献」を実践するための行動規準「カシオ創造憲章」

Select a location