検索

働きやすい職場環境の提供とダイバーシティの推進

A_top_201102

考え方・方針

│課題認識

「モノ」・「金」・「情報」等の経営資源の中でも、全ての企業活動を実際に行うのは「人」であり、厳しい企業競争に打ち勝ち、カシオがより拡大発展していくためにも、この「人」という経営資源の価値を常に最大化していく必要があります。
また、少子高齢化、労働力人口の減少、働き方の多様化といった課題に対応するため、従業員一人ひとりがさらに活躍できる職場環境の整備が必要不可欠であると認識しています。

│カシオグループとの関わり

カシオグループは約10,000名の従業員が在籍し、多様な個性や能力を持った人材がいます。カシオがより拡大発展していくには、こうした人材の力を最大限に発揮できる環境を提供し続ける事が必須課題となります。
もし、時代が変化する中で人事制度や職場環境が新たな要請に応えられない事態が生じた場合、企業組織としての活力が失われ、競争力を失いかねません。そこで企業として社会や従業員の変化に常に敏感であると共に、変化に適切に応じた職場環境の整備が重要であると考えます。

│方針

当社には企業理念を実現し続けるため、カシオ人として期待される意識と行動の基本原則を示した「創造憲章」が有ります。しかし、これらは掲げてあるだけでなく、実践され具現化されなければ、何の意味もありません。この実践・具現化とは、まさに従業員全員の仕事を通じての活動そのものであると言えます。

「カシオ創造憲章」実現のために「倫理行動規範」にて以下が定められています。

働きやすい職場環境の構築

  • 私たちは、互いの人格、個性、文化的背景、価値観、意見等の多様性を受け入れ、それを融合してより良い職場環境を創造していくよう努めます。
  • 私たちは、ワーク・ライフ・バランスの重要性を理解し、多様な働き方を柔軟に受け入れます。
  • 私たちは、安全かつ衛生的で快適な職場環境を維持し、日常から事故、労働災害等の防止や疾病の予防に努めます。
  • 私たちは、健康を保持・増進するための取り組みに積極的に参画します。また、自分自身の健康だけでなく、周囲の健康にも配慮します。

上記方針の基に従業員が最大限に力を発揮できる環境構築に向けて取り組んでいます。

│テーマ

新しい企業風土確立に向けた人事改革
経営戦略との連動により、持続的成長と発展を遂げるための企業風土確立に向けた、人事改革の取り組みを推進しています。以下3点を基本理念に組織と人材の活性化を図ります。

  • 全員で常に新しい顧客価値を生み出す革新的で活力のある職場づくり
  • 創造・変革行動を喚起し、貢献度、成果に適正に報いる処遇・評価システム
  • 社員の自律的な職務遂行とキャリア形成をサポートする人材開発システム

働き方改革の推進
社員一人ひとりが、働きやすく、かつ働きがいのある職場を創り、社内の活性化を図るために、在宅勤務制度、時差勤務制度、勤務時の服装の自由化の導入、およびオンライン会議の活用等、働き方改革を推進中です。

ダイバーシティの取り組み
性別、国籍、年齢、障がいの有無を問わず、全従業員がやりがいを持って、活き活きと働いている状態を実現する為にダイバーシティの取り組みを実施しています。

│目標と行動計画

評価 ◎:すべての目標達成、○:目標をおおむね達成、△:成果より課題が残る、×:進捗なし

2020年度の目標とKPI 2020年度実績 評価 2021年度の目標とKPI
育児休業取得率 90%以上維持継続
育児休業復職率 90%以上維持継続
(契約社員含む)
育児休業取得率 100%
育児休業復職率 100%
(契約社員含む)
育児休業取得率 90%以上維持継続
育児休業復職率 90%以上維持継続
(契約社員含む)
女性採用比率 25%以上 2021年4月入社30名中、女性5名(16.7%) 女性採用比率 25%以上
障がい者法定雇用率
連結2.3%以上
障がい者雇用率
連結2.29%(2021年4月現在)
障がい者法定雇用率
連結2.3%以上

Select a location