検索

教育事業を通じた社会貢献

カシオでは国内外の教育現場から先生たちの声を聞き、現場のニーズと時代に対応した教育ツールを開発・提供することで教育貢献をすすめています。

関数電卓を通じた数学教育支援:「GAKUHAN」活動

カシオは、世界100ヶ国の教育現場に関数電卓を提供しています。カシオの使命は、製品の提供にとどまらず、その先にいる教育現場の先生や生徒たちを支援することで、その国の政府が必要とする人材を育成し、ひいては子供たちの「大学に入りたい」「医者になりたい」「エンジニアになりたい」といった夢の実現を手伝うことと考えています。
日本では理数系の大学生が使うものというイメージが強い関数電卓ですが、学校教育で関数電卓を取り入れている国は数多くあり、米国や欧州、オーストラリアなどの中学・高校ではほとんどの生徒が関数電卓を使っています。この背景には、世界の数学教育の変化があります。複雑な計算をテクノロジーに任せれば、問題解決能力や考える力を養うことに集中できるなど、IT社会において統計やプログラミングを学ぶうえでは、テクノロジーの力が不可欠との認識が拡大していると考えています。
関数電卓を購入しても、正しい操作方法を知らなければ、授業や試験で活用することができません。そこで、カシオは世界各国で先生や生徒を積極的にサポートする「GAKUHAN」活動を30年以上前から行ってきました。「GAKUHAN」活動では、教員向けのトレーニングや教材提供、学力向上を実現するためのパイロットプロジェクトなどを展開し、より良い教育と学習環境構築に向けた支援を行っています。
この活動を下支えしているのが各地域の学習指導要領や言語、カリキュラムに応じてカスタマイズを適える製品開発です。"学びをサポートする"本物の教育機器の開発を目指し、エンジニアが学校を訪問、授業を受講して現場ニーズを把握し、製品仕様に反映するなどして、各国地域ニーズに即したローカライズモデルを開発。現在、18地域に対応した61モデルを展開しています。開発・生産面で少量多品種に適したLSIの構築や自動化生産などを通じて、短サイクルでカスタマイズを可能とすることで教育現場のニーズに迅速に応えます。
「教育現場のニーズにこだわる製品開発」と考える力を養うための教育環境サポート活動「GAKUHAN」の成果もあり、欧米ではすでに関数電卓とその操作方法が浸透しており、近年その軸足はASEAN諸国をはじめとした新興国へと移りつつあります。

│「GAKUHAN」活動の特徴と仕組み

S910

│「GAKUHAN」ピラミッド

教育は、各国政府の教育指針(トップダウン)に基づき、現場の先生の実践(ボトムアップ)により、実現します。
「GAKUHAN」ピラミッドは、教育のベースとなるトップダウンとボトムアップの両面に働きかけ、効率的に関数電卓を通じた数学教育を支援するカシオ独自の仕組みです。

│トレーナーネットワーク

エリア毎に、マスタートレーナー ⇒ トレーナー ⇒ 現場の先生
という流れで、トレーナーネットワークを構築しています。
特に、要となるマスタートレーナーの育成は極めて重要です。

  1. トレーニングの質の向上(あるべきトレーニングプログラムづくり)
  2. トレーニングを受けた先生が関数電卓を使って教える事ができる環境づくり(教材作成)

の実現と継続の為に、彼らを育成しています。

海外での「GAKUHAN」活動事例

│タイで、教育格差の解消を目指して

ASEAN諸国では、教育カリキュラムの改革が進展しており、国家戦略として産業人材の育成に力を入れています。そこで重要となるのが理数科能力の向上であり、その土台を作る高度な数学教育です。
タイの高校では、授業中に関数電卓などテクノロジーを活用するカリキュラムが施行されたのは2018年のこと。しかし、関数電卓の普及率はまだまだ低かったため、カシオは教員向けの関数電卓トレーニングを行ってきました。
2020年からはバンコク地区でプロジェクトを開始。これは、関数電卓を使った授業プランをカシオが提供するというものです。このプロジェクトに参加したのは、西バンコク地区にある32の高校。プロジェクトは2021年3月まで行われ、その中間報告では、関数電卓を使った授業や小テストを受けた後の生徒の試験結果が、過去に受けた試験と比較して21%も結果が向上したことがわかっています。
タイでは都市と地方の間に教育格差があるのが現状です。まずはバンコクから始めていますが、他地域にも関数電卓を広めることで、タイの教育格差是正に貢献していきたいと考えています。

オンラインでの「GAKUHAN」活動も拡大

│インドネシアで、教育局と連携しながら数学教師をサポート

カシオは、インドネシアの西スマトラ州において、新型コロナウイルスの影響により休校中の学校を支援するため、関数電卓を活用したオンライン授業の方法をレクチャーするセミナーを2020年に全10回開催しました。
近年インドネシアでは、学力向上のためSTEM※教育に力を入れおり、理数系科目の教育強化を進めています。2018年9月には、当社と「STEM教育における教師及び学生の能力開発を目的としたパートナーシップ契約」を締結しました。その一環として、2019年4月より西スマトラ州教育局と連携し、関数電卓の授業活用法に関して数学の先生向けのトレーニングを開始。これまでに、同州の7割以上にあたる400校以上の先生が参加しました。
2020年10月に開始したWebセミナーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止によるインドネシアでの休校措置に対応し、関数電卓を使用したオンライン授業の方法を紹介しました。同州の先生を支援すると同時に、関数電卓がオンライン授業にも適した学習ツールであることの訴求を目的に、西スマトラ州教育局、数学教師団体と連携しながら、関数電卓の数学授業への普及と定着を図っています。
※Science・Technology・Engineering・Mathematics

│ポルトガルで、グローバルティーチャーとともにオンラインワークショップを開催

カシオは、「グローバルティーチャー賞2020」を受賞したJosé Jorge Teixeira先生と共同で、ポルトガルにおいて関数電卓やエミュレータソフト※1を活用した科学の授業方法をレクチャーする先生向けのオンラインワークショップを2020年10月に開催しました。
ポルトガルでは、政府主導でSTEM教育の強化に向けた理数系科目の質向上に注力しています。例えば、高校の科学の授業では、関数電卓に加えてセンサーやデータロガー※2などのツールを使用しながら、世の中にある事象からデータを測定して数値を算出するといった実践的な授業を行っています。
当社は、これまでにポルトガルの教職員協会のサポートのもと、数学や科学の先生向けに協会公認のトレーニングや教材などを提供してきました。今回開催したオンラインワークショップは、新型コロナウイルスの影響で対面での授業ができない先生を支援するために開催され、300名以上の先生方が参加しました。
今後もコロナ禍にも対応した「GAKUHAN」活動を続けることで、教育現場に貢献していきます。
※1 パソコン上に関数電卓を表示し、本体と同様の操作で計算ができるソフトウェア
※2 センサーで計測・収集した各種データを保存する装置

│フィリピンで、国と連携した「GAKUHAN」活動を推進

フィリピンにおける「GAKUHAN」活動は、関数電卓の導入支援に加え、オンライン授業のサポートなど、多岐にわたっています。その中には、コロナ禍における学校教育への支援も含まれています。
フィリピンでは新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2020年3月に学校が休校となり、8月に在宅のまま新学期を迎える予定が10月まで延長となりました。こうした事態を受け、カシオはフィリピン教育省のポータルサイトに教員向けプログラムを公開。これは関数電卓をパソコンやタブレットなどのデバイス上で表示し、実際に計算ができるエミュレータソフトを使ったオンライン授業を行うためのものです。この教員向けプログラムを7月から12月まで毎週1回ずつ、合計20回にわたって公開しました。
こうした取り組みの結果、エミュレータソフトのダウンロード数は前年度に比べ3倍にまで上昇。オンライン授業でエミュレータソフトの利用が進んでいます。
今後も、「GAKUHAN」活動を通じてフィリピンの教育改善に貢献していきます。

インドネシア・タイでの数学教育事業が文部科学省「EDU-Portニッポン」応援プロジェクトに採択

2021年7月、インドネシア・タイでの数学教育事業が、文部科学省「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)」応援プロジェクトに採択されました。
「EDU-Portニッポン」は、官民協働で取り組む、日本型教育の海外展開を推進する事業で、「GAKUHAN」活動が、授業開発を通じて教育の向上を目指すプロジェクトとして海外展開モデルとなることが期待できることから、採択に至りました。
プロジェクトに採択されたことで、「日本型教育の官民協働プラットフォーム」を通じての、現地機関との調整支援などを受けられるようになります。
今後は順次、両国の現地の先生をはじめ、プラットフォームでつながるその他ステークホルダーとも協働で、後期中等教育の生徒が関数電卓を用いながら主体的に学べる探究型授業の開発を進め、海外展開モデルの構築を目指していきます。

EDU-PortニッポンHP :https://www.eduport.mext.go.jp/

「ClassPad.net」によるオンライン学習支援

「GAKUHAN」活動と並行して、カシオはオンライン辞書などの学習コンテンツとデジタルノートを統合した総合学習プラットフォーム「ClassPad.net(クラスパッドドットネット)」をウィズコロナ・アフターコロナ時代の教育現場へ向けて新たに提供します。
これは関数電卓で培ったカシオの数式処理システムの技術をベースとしたソリューションとして2018年から海外に向けて提供していた数学版を、教育出版社7社と提携してリニューアルしたもので、高校6教科対応かつ、オンライン授業で役立つ機能を付加したオンライン学習ツールです。
2021年4月に機能を限定したベータ版の提供を開始し、2021年9月にはVer.1.0をリリースしました。
これまでのデジタル学習教材は、辞書アプリなど用途に応じて複数のアプリを使い分ける必要がありましたが、ClassPad.netは、デジタルノートと学習用コンテンツの2つの機能が統合されていることが特徴で、生徒の思考力の育成や効率的な学習を支援します。また、クラウドへのデータ保存により、パソコンやタブレットなどの端末があれば、学校でも家でも利用することができ、先生・生徒間のインタラクティブな学習を実現します。
将来的には、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」の前倒しでパソコン導入が進んでいる小中学校や、大学などの高等教育向けの教育コンテンツの開発も視野に入れています。今後も、学校現場との共創の取り組みを強化し、さまざまな学習支援を推進していきます。

Select a location