検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

資源循環型社会の実現

A_top_201102

考え方・方針

│課題認識

急速な経済成長の中、消費される資源の増大に伴う天然資源の枯渇や資源採掘による自然破壊、廃棄物の埋立処分場の逼迫や周辺汚染などが問題になってきています。そのような中、地球上の限りある資源を有効活用するため、廃棄物等の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、資源の再生利用(リサイクル)の3Rの重要性が高まっています。また、近年は廃プラスチックの有効利用率の低さや、海洋プラスチック等による環境汚染が世界的課題にもなっています。
カシオはこの様な社会的背景を認識し、自社事業での活動とともに、サプライヤーや製品ライフサイクル視点を意識した活動など、さまざまな取り組みを進めています。

│カシオグループとの関わり

資源の枯渇が深刻化すると原材料のコストが増大し、生産に大きな影響を与える懸念があります。また、モノづくりを行うメーカーとして、持続可能な社会の実現に向けて環境配慮型製品の開発は不可欠であり、お客様からの期待や要求も高まっており、その開発が遅れることでお客様からの支持と選択を失いかねません。 当社の製品ではプラスチックを部材として使用することが多く、こうした資源利用は、事業活動の中でも環境への影響が大きい対象の一つと認識しています。
そこで、製品開発ではリサイクルしやすい材料の選定や新構造開発など製品設計の改善を推進し、新技術創出や資源効率向上を実践し、環境負荷低減に加えて、コストダウンにも結び付けていきます。
また、事業活動で発生する廃棄物についても、埋立処分等による環境汚染が発生しないとも限りません。そのため、廃棄物については埋め立てゼロの実現を目指して取り組んでいきます。

│目標と行動計画

カシオは資源循環型社会の実現を目指し、バリューチェーン全体を通じて省資源化や資源循環を目指しています。
製品の取り組みにおいては、開発・設計段階から使用後のリサイクルまで、小型軽量化や長寿命化、リサイクル設計など環境に配慮した製品づくりを行い、自社基準を満たした製品を「カシオグリーン製品」「カシオスーパーグリーンスター製品」として認定しています。
また、各事業拠点で発生する廃棄物については、発生量の削減に努めるとともに再資源化比率の向上を推進し、埋立処分量ゼロを目指します。

│目標と実績

評価 ◎:すべての目標達成、○:目標をおおむね達成、△:成果より課題が残る、×:進捗なし

中長期目標 2020年度目標 2020年度実績 評価 2021年度目標
2025年度までにカシオグリーンスター製品の売上比率90%を目指す カシオグリーンスター製品売上比率76%を目指す 売上比率78% カシオグリーンスター製品売上比率80%を目指す

2030年度までに事業拠点廃棄物のゼロエミッション化達成を目指す

※カシオグループのゼロエミッションの定義:
埋立廃棄率=(最終埋立処分量÷廃棄物発生量)×100が1%以下であること。

カシオグループ全体の廃棄物等発生量を前年度比1%以上削減する

カシオグループ全体の再資源化率95%以上を目指す

カシオグループ全体の廃棄等発生量:前年度比13.7%削減

カシオグループ全体の再資源化率87.1%

カシオグループ全体の廃棄物等発生量を2019年度比2%以上削減する

カシオグループ全体の再資源化率95%以上を目指す

カシオグループ全体の水使用量を前度比1%以上削減する カシオグループ全体の水使用量を前年度比16.7%削減 カシオグループ全体の水使用量を2019年度比2%以上削減する

環境報告

Select a location