社会貢献活動

考え方

社会的背景

昨今、社会の課題が高度化・複雑化する中、社会的に大きな影響力を持ち、社会の一員である企業に対し、社会貢献活動の拡大に対する社会からの期待が一層高まっていることをカシオとして認識しています。

関連するSDGsの画像です。

カシオグループにおけるリスクと機会

そのような中、カシオは良き企業市民としてステークホルダーからの信頼を失わないよう、基本方針のもと、社会貢献活動に積極的に推進し社会課題解決に貢献していきます。

方針

カシオは、「次世代教育」「学術・研究」「環境保全」「地域社会活動」「文化・芸術」の5分野への活動を通じて、健全で心豊かな社会づくりを目指しています。
活動を通じて、社会とのコミュニケーションを図り、良き企業市民としてカシオに何ができるかを見極めながら、積極的に社会貢献活動を行っていきます。カシオ独自のノウハウや経営資源、並びに従業員個人が保有するさまざまな知識や経験を有効に活かして、カシオらしい活動を展開していきます。

社会貢献活動重点5分野の概念図です。

マネジメントアプローチ

体制

サステナビリティ推進部を中心として、関連部門や国内外のグループ会社と連携を図りながら、社会貢献活動の方針を踏まえ、地域に根差した社会貢献活動を推進しています。

活動実績

次世代教育

本業を通じた教育貢献

カシオでは、関数電卓を中心とした教育事業におけるゴールを「事業を展開する地域の学生の学力向上」と明確に定め、現在、30カ国以上で「GAKUHAN」という名のもと、製品を通じた教育貢献を行っています。
GAKUHANの代表例として挙げられるのが関数電卓です。カシオの強みは、教育現場の声を吸い上げた開発と各国の言語や数学のカリキュラムに合わせた高いカスタマイズ性です。もともと世界展開を前提に開発しているため、出荷時に現地の工場レベルでソフトウェアを書き換えられるのが大きな特徴です。
また、「GAKUHAN」が特殊なのは、製品を売ったら終わりではなく、売ってからが新たなスタートとなる点です。関数電卓も販売するだけでは授業や試験でスムーズに使ってもらえず、先生方へ使い方を指導したり、わかりやすい教本を作ったりという支援が必要です。
そのため、カシオに賛同してくれる数学の先生とともに、各国の教育機関との協業体制をつくることから始め、その体制の中で、関数電卓の使い方や授業の進め方を自ら指導できる先生の育成、各国の教育レベルや制度に合わせた教材の開発、関数電卓を使った授業の試験的な開催と効果の検証などを推進しています。
これまでは各国の教育省や先生の協力の下で活動を展開してきましたが、大学の研究機関やNPOと連携した取り組みも進めています。

各国の教育界のキーパーソンを 招いた「GAKUHAN」会議の写真です。
各国の教育界のキーパーソンを 招いた「GAKUHAN」会議の実施
インドネシア教育文化省とパートナーシップ契約を締結時の写真です。
インドネシア教育文化省とパートナーシップ契約を締結
詳しくは、こちらから

小学生に、人の役に立つ発明を考えてもらう「発明アイディアワークショップ」を実施

2017年より、カシオ計算機の開発者が、小学生を対象とした、誰かの役に立つための発明を楽しみながら考える「発明アイディアワークショップ」の講師を務めています。

このワークショップは、一般財団法人樫尾俊雄記念財団が、カシオ計算機の創業者の一人であり、数多くの発明をした樫尾俊雄の「発明で社会に貢献する」姿勢を伝えるために、カシオ計算機創立60周年である2017年より始めたものです。カシオ計算機からはG-SHOCKの開発者である伊部菊雄を初めとする開発者チームが講師を務め、子供たちに「誰かの役に立つ時計」のアイディアを考えてもらっています。G-SHOCKの開発ストーリーを紹介し、発想を柔らかくする頭の準備体操をした後、講師とスタッフが子供たちと話しながらアイディアを出してもらいます。毎回、子供たちからは「腕が生えてきて泳ぐのを助けてくれる時計」「寒いところに住んでいる人の役に立つ、カイロの代わりになって温かくなる時計」「スポーツ選手に役立つ、体調に合うメニューを考えてくれる時計」「お年寄りの役に立つ、文字が拡大できる時計」など、楽しいアイディアが出されています。
2018年度は、北海道から九州までに渡り全国6校の小学校を訪ね、小学校2年生から6年生までの合計320名に参加していただきました。参加者には全員にスタッフから「発明家のタマゴ」の認定証を手渡し、作品とともに持ち帰っていただいています。

ワークショップ風景の写真です。
ワークショップ風景
アイディアの発表の写真です。
アイディアの発表

「Mono-Coto Innovation2018」にテーマスポンサーとして参画

カシオ計算機は、デザイン統轄部と楽器BUとの協働推進により、株式会社Curio Schoolが主催する「Mono-Coto Innovation2018」というプログラムにテーマスポンサーとして参画しました。
このプログラムは「創造力の甲子園」のサブタイトルにあるように、全国の優秀な中高生が集い、企業が提示する課題をチームで解決し競い合う、参加型のプログラムになっています。
従来からデザイン統轄部が進めている「オープンイノベーション」の枠組みの中、企業価値の向上につながるCSR活動の一環として取り組みました。
実際に企業が抱えている課題を学生自らが自分ゴトとして解決するプロセスを全面的にサポートすることで、Z世代と呼ばれる未来の優秀人材にカシオの取り組み姿勢を感じてもらうこと、社内の若手次世代人材に、学生と本音でぶつかり合い、答えを導くことでモチベーションの向上を図ること、また中高生独特の柔らかい発想から、新しい事業の切り口を探ること、以上三点を目的に進めてきました。
参加した若手のデザイナー、エンジニアは、約4ヶ月間、中高生と本気で向き合い、ものづくりの本質を感じとることができ、また中高生にとってもカシオの創造貢献の精神を知ってもらう良い機会になったと思います。
8テーマのファイナリストで挑んだ12月の決勝大会では、カシオチームが見事優勝を勝ち取ることができました。
次世代人材と共創することで、未来のニーズを掘り起こすきっかけとなり、将来的なユーザーファーストを実現する活動に繋げています。
2019年も、引き続きテーマスポンサーとして活動を継続する予定です。

カシオチームの写真です。
カシオチーム
デザイナーとエンジニアがメンターとして学生チームをサポートの写真です。
デザイナーとエンジニアがメンターとして学生チームをサポート

学びのフェスで「電卓の分解・組立て体験教室」を実施

カシオ計算機は、次世代を担う子どもたちにモノづくりの楽しさを伝えたいという思いから、毎日新聞社、毎日メディアカフェ、毎日小学生新聞の主催のキッズイベント「学びのフェス」に2014年より継続して出展しています。
2018年度は、「学びのフェス2018夏」(2018年8月)、および「学びのフェス2019春」(2019年4月)に出展し、「電卓のひみつ」というテーマで、社員による「電卓の分解・組立て体験教室」を実施。子どもたち、約120人が参加しました。
教室では、子供たち自らの手で実際に電卓を分解し、組み立ててもらい、電卓がどういう仕組みで動くのか、そして、どんなエコな発想でつくられているのかを学んでもらいました。

学びのフェスでの写真です。
学びのフェスでの写真です。
教室風景

キーパーソン21への支援

キーパーソン21は、キャリア教育の認定NPO法人です。子どもたち一人ひとりの可能性を引き出し、自分らしい未来を自ら選択していく力を育む活動をしています。
次世代教育に重点を置き、取り組みを進めているカシオとして、同団体の活動趣旨に賛同し、2016年度より支援を開始いたしました。
2018年度は、カシオ計算機の本社のある渋谷区内の小中学校にて実施されたキャリア教育プログラムに3回、延べ31人の社員が協力・参加し、生徒たちとコミュニケーションを図りました。また、新たな試みとして、キーパーソン21の活動に賛同する他社との意見交換会を当社で実施し、21名が参加しました。

キーパーソン21への支援の写真です。
キーパーソン21への支援の写真です。

武蔵野美術大学との産学協同プロジェクト

2017年度より留学生の日本語学習支援を目的として、武蔵野美術大学との産学協同プロジェクトを開始いたしました。

2018年度は、「にっぽん多文化共生発信プロジェクト」と銘打って、日本語教育学の三代准教授、映像メディアの米徳教授の指導のもと、同大学の学生たちが、その最前線で活躍する団体を取材しました。 学生たちのプロジェクトチームにはカシオの社員がメンターとして加わり、日本企業と留学生をつなぐ人材紹介会社、外国人を対象とした親子参加型の支援団体、日本語とITスキルを同時に学べる日本語学校の3団体に密着し、学生ならではの視点でインタビューを行った軌跡が映像に収められました。

2019年2月には武蔵野美術大学デザインラウンジ(港区赤坂)で成果発表会を開催し、日本語教育学会、出版社、日本語学校、大学関係者など25の機関に学生たちのプレゼンテーション、ドキュメンタリー映像をご覧いただきました。

外国人の日本語学習はカシオにとって重要なテーマであり、引き続きこのような産学企画で日本語学習支援を行っていきます。

武蔵野美術大学との産学協同プロジェクトの写真です。

「私の夢のリュックサック」チャリティ活動

カシオ中国では、貧困に苦しむ地域の子どもたちの教育を支援するため、「私の夢のリュックサック」と題するチャリティ活動を2014年9月よりスタートしました。
児童一人ひとりに通学カバンとして使えるリュックサックと文房具・学習教材などをプレゼントするとともに、授業に役立ててもらうため、各学校のニーズに応じ、カシオのデジタルピアノ、電卓、電子辞書、プリンタ、プロジェクター、その他の教育商品を学校に寄贈しています。

<2018年度実績>

  • 江西省三都村小学校
「私の夢のリュックサック」チャリティ活動の写真です。
「私の夢のリュックサック」チャリティ活動の写真です。

また、今までの活動を振り返るイベントとして、過去に訪問した5校の先生と生徒12人(6組)を上海に招待し、多くの「初めて」を体験する機会を提供しました。

カシオ中国を訪問時の写真です。
カシオ中国を訪問
上海の小学校を訪問時の写真です。
上海の小学校を訪問

これからもカシオ中国は「創造貢献」の理念を貫き、「私の夢のリュックサック」活動を通して子どもたちの成長と教育をサポートしていく予定です。

教育関連コンテストへの協賛

カシオ中国では、次世代を担う人材の育成に向けて、教育関連のコンテストの協賛を通じ支援を行っています。

第35回全国中学生物理コンテストの写真です。
第35回全国中学生物理コンテスト
第十一回上海外国語大学“カシオカップ”中国日本語学科学部生・院生スピーチコンテストの写真です。
第十一回上海外国語大学“カシオカップ”中国日本語学科学部生・院生スピーチコンテスト
第十一回中国日本語学研究〝カシオカップ〝優秀修士論文賞の写真です。
第十一回中国日本語学研究〝カシオカップ〝優秀修士論文賞
第九回中国日本語学科青年教師〝カシオカップ〝教学技能コンテストの写真です。
第九回中国日本語学科青年教師〝カシオカップ〝教学技能コンテスト
第32回中国化学オリンピックコンテストの写真です。
第32回中国化学オリンピックコンテスト

学術研究

「カシオ科学振興財団」への支援

カシオググループは「カシオ科学振興財団」への支援活動を通じて、科学技術の発展に貢献しています。

カシオ科学振興財団について

カシオ科学振興財団は1982年に、故・樫尾茂前会長と樫尾4兄弟によって設立されました。
我が国が技術先進国として世界に貢献するという使命を果たすには、高度な研究開発がさまざまな分野で進められるべきであるとの理念のもと、特に限られた研究費で困難な研究を続けている若手研究者による萌芽的な段階にある、先駆的かつ独創的研究の助成を主眼として、研究助成活動を展開しています。助成対象分野も電子工学・機械工学の先端デバイス研究から情報通信、AI、IoT、環境エレクトロニクス、健康、スポーツ、ヘルスエンジニアリングなどの自然科学、また人材育成・人間行動の人文科学まで幅広い分野に対応しています。
36年間の研究助成の累計は17億8,864万円(1,371件)に達しました。

第36回(2018年度)贈呈式 の写真です。
第36回(2018年度)贈呈式

2018年度の助成内容

2018年度は、5分野21分類の基本テーマに加え、近年の地球環境の変動から見て重要と思われる特別テーマ(地球環境を課題とする問題解決に向けた研究」)を設定しました。
204大学に研究テーマの推薦を依頼した結果、114大学から313件という応募が寄せられ、厳正な選考審査の結果、合計45件 7,268万円の助成を実施しました。
助成研究者は30~40代が8割を超え、12月2日に行われた贈呈式には次世代を担う若き研究者が多数参列しました。

特別テーマ

7件

3,474万円

A系(電子工学・機械工学)

22件

2,198万円

B系(医学・生理学)

10件

998万円

C系(人文科学)

6件

598万円

カシオ科学振興財団 研究助成金の推移

カシオ科学振興財団 研究助成金の推移をグラフで表しています。
※2018年: 45件、72.68百万円

助成研究者の声

我々は感染症を専門に研究を行っています。近年、世界規模で薬剤耐性病原体や新興・再興感染症の発生が頻発しており、感染症は引き続き人類全体の大きな脅威となっています。こうした背景もあり、治療法開発が求められていますが、ウイルスには抗生物質が効かないため、様々なウイルスに対して病原性を個別に理解し、各ウイルスに応じた治療薬開発を行う必要があります。病原性を理解し、治療標的となる分子を設定し、その機能を阻害する方法を開発するには非常に地道な基礎研究が必要となります。この度のカシオ科学振興財団の研究助成では、若手研究者による萌芽的な段階にある先駆的・独創的研究を重点的に支援頂けるということで、若手研究者の1人としても深く感謝しております。

時間のかかる地道な基礎研究とは対照的に、感染症は、ある日突然、急速に広がり多くの人の命を奪うことがあります。グローバル化した現代は、24時間で地球上のどこからでも海外で流行中の感染症が国内に侵入し得るため、我々研究者も危機感を持って研究を進める必要があると感じております。本助成を契機に、我々の進める基礎研究が少しでも人類の健康に貢献できるように、チーム一丸となり精進して参りたいと思います。この度は、本当にありがとうございました。

九州大学 大学院医学研究院
准教授・橋口隆生様

九州大学 大学院医学研究院 准教授・橋口隆生様の写真です。

環境保全

製品を通じた環境保全活動

カシオは、環境保護団体の活動を、これらの団体のコラボレーションモデルを通して支援しています。

アイサーチ・ジャパン コラボレーションモデルの写真です。
アイサーチ・ジャパン
アースウォッチ・ジャパン コラボレーションモデルの写真です。
アースウォッチ・ジャパン
アクアプラネット コラボレーションモデルの写真です。
アクアプラネット
ワイルドライフプロミシング コラボレーションモデルの写真です。
ワイルドライフプロミシング
日本自然保護協会 コラボレーションモデルの写真です。
日本自然保護協会

※詳細については、自然との共生をご参照下さい。

チューリップ・大賀ハスの里親

東京都羽村市では「根がらみ前水田」の保全と、稲作後の水田の有効活用を目的としてチューリップなどの栽培を推進しており、カシオは社会貢献の一環として2004年よりチューリップ・大賀ハスの里親になっています。

約23,000m2の水田に約40万球が植えられた関東最大級のチューリップ畑には様々な品種を咲かせ、4月に行われるチューリップまつりには毎年多くの観光客が訪れています。

大賀ハスは水田300坪のうち、150坪のオーナーとなり育成に協力しています。羽村市の農業後継者の方々が根がらみ前水田で育てており7月中旬~8月中旬にかけて花を咲かせます。大賀ハスは1951年に故大賀一郎博士の指導のもとに千葉県の検見川遺跡から発見された弥生時代(約2000年前)の古代ハスです。

チューリップの写真です。
大賀ハスの写真です。

地域貢献

果樹王国ひがしね さくらんぼマラソンに協賛

山形カシオは「企業活動だけでなく、地元・東根市への地域貢献を通じて地域により愛される企業になろう」と考え、「果樹王国ひがしね さくらんぼマラソン大会」に、2004年より協賛しています。 17回目となる2018年の大会では、カシオグループからも多数のランナーと、総勢約30名の給水ボランティアが参加いたしました。 地域の方々との協力関係や信頼関係をより深く形成していくため、今後もこうした地域貢献活動を積極的に行っていきます。

給水ボランティアに参加した山形カシオ社員の写真です。
給水ボランティアに参加した山形カシオ社員
さくらんぼマラソンのランナー達の写真です。
さくらんぼマラソンのランナー達

文化・芸術

カシオでは、交響楽団や文化施設への協賛等により、人々へ喜びと感動を提供するとともに、文化・芸術の継承を図っていきます。

  • NHK交響楽団への協賛
  • 東京フィルハーモニー交響楽団への協賛

その他

「一反パートナー」を通じた社会課題解決支援

「一反パートナー」とは一般社団法人農福連携自然栽培パーティ全国協議会が主催する法人向け事業で、企業が1シーズンを通じて福祉事業所の米作りを支援するものです。支援先の福祉事業所では、そこで働く障がい者の方々が借り受けた耕作放棄地を田んぼに変え、無農薬、無肥料の自然栽培でお米を作ります。企業は一反当たりの収穫米を出来高にかかわらず一定金額で買い取ることで、「障がい者の方々の働きがいと収入アップの両立(自立支援)」、「耕作放棄地の復活」、「安全な食材の提供」を目指します。

カシオは、この活動の趣旨に賛同し、2017年より毎年2反分を支援しています。また、教育の一環として社内ボランティアを募り、春の田植え、秋の稲刈りを福祉事業所の利用者とともに実施しています。参加者は従業員とその家族のべ162名にのぼります。参加する従業員にとっても、障がいのある方と実際にコミュニケーションをとることで感じることや気づくことが非常に多く、それは日ごろの生活や業務からは得ることのできない新たな視点や学びに繋がります。
「一反パートナー」を通じて、事業が目指す社会課題の解決に貢献するとともに、こうした従業員の気づきや学びが、障がいのある方への理解促進や社会課題解決に向けた新たな事業や製品・サービスにつながることを期待しています。

また、収穫したお米は社員食堂で提供し、活動を社内周知するとともに、本社近隣にある3か所のこども食堂へも提供しています。

田植えの様子の写真です。
田植えの様子
支援先の皆さんとチームを組んでの稲刈りの写真です。
支援先の皆さんとチームを組んでの稲刈り
お米は社員食堂で提供された収穫されたお米の写真です。
収穫されたお米は社員食堂で提供されました

NPO法人親子はねやすめ「レスパイト旅行」へ協賛・参加

NPO法人親子はねやすめは、重い病気や障がいのある子どもとその家族の支援をしており、 普段介護に追われているご家族がひとときの休息を取れるように、第三者が一時的に介護を代替して 家族旅行を支援するプログラム(レスパイト旅行)を実施しています。カシオは2016年度に社員有志で「レスパイト旅行」へのボランティア参加を開始し、「きょうだい児キャンプ」への参加を含め2018年度まで延べ29名の社員がボランティア参加してきました。2017年度から初の協賛企業として、寄付を含む本格的な支援を行っています。
2018年8月に実施したレスパイト旅行には4組のご家族を招待し、社員ボランティアは4名参加しました。保養が必要な子どもたちとご家族の為に、心からくつろげる時間と空間をつくり出すこのプログラムを、カシオはSDGsの誓い「誰一人取り残さない」を実践する価値の高い活動と位置付け、継続して支援していきます。

NPO法人親子はねやすめ「レスパイト旅行」の写真です。

福祉作業所への商品分解・分別業務委託

カシオビジネスサービスは、「人と環境にやさしい企業」を目指し、製品廃棄におけるリサイクル活動を推進していく中で、2000年より社会福祉法人が運営する福祉作業所に、カシオ製品の分解や分別作業を委託しており、最近では主にカシオエコステーションへ送られた使用済みのテープカートリッジとインクリボンカセットの分解・分別作業を行っていただいています。
障がいのある方が通う福祉作業所では、袋や化粧箱づくり、チラシ折等の軽作業が多く、分解・分別のような作業は集中力や持続力を高めることができ、合せて作業者の方が仕事をすることによる充実感も高く『自立支援(社会教育や道徳、規則の習得)に役立っている』と評価をいただいています。今後もCSR活動の一環として作業される方々の自立支援のお役に立てるよう本活動を継続していきたいと考えています。

テープカートリッジとインクリボンカセットの分解・分別の写真です。
テープカートリッジとインクリボンカセットの分解・分別の写真です。
テープカートリッジとインクリボンカセットの分解・分別

「ホープ就労センター 渋谷まる福」によるパン・お菓子の販売

カシオ計算機本社では、障がいを持つ人たちの自立支援を目的に、2014年10月より毎月1-2回、「ホープ就労センター 渋谷まる福」(東京都渋谷区)によるパン・スイーツの出張販売会を開催しています。
「ホープ就労センター 渋谷まる福」は、障がいを持つ人たちに職業訓練や就労の機会を提供するNPO法人ホープワールドワイドジャパンの運営する就労継続支援事業所で、「働く人が幸せ、お客様が幸せ」という理念の下、おいしくて心温まる手作りパン、スイーツなどを製造・販売しており、同事業所を利用される方は、それぞれの目標を持って働いています。
販売会は、従業員にも大変好評で、今後も継続的に開催・支援していきます。

販売会の様子です。
販売会の様子

ピープルズ・ホープ・ジャパンへの支援

カシオは、アジアの途上国の人々の自立に向けて「保険・医療の教育」を中心とした支援活動に取り組む国際協力NGO「ピープルズ・ホープ・ジャパン」の活動趣旨に賛同し、2006年より法人賛助会員として支援しています。

災害被災者への支援

●東日本大震災被害に対する支援活動
「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」への寄付

カシオでは、東日本大震災によって両親を亡くした震災孤児を支援するため、2011年度より「あしなが育英会」の「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に寄付しており、2017年度は、前年同様、200万円を寄付いたしました(累計寄付金額:1900万円)。2020年まで継続して寄付を行う予定です。

三陸ボランティアダイバーズの支援

山形カシオでは、三陸ボランティアダイバーズの活動を水中通話装置「ロゴシーズ」4台と陸上と水中間の交信ができる陸上機1台を提供し、その活動を支援しています。

三陸ボランティアダイバーズは東日本大震災で被災した三陸沿岸地域の復興を目指して活動をしているNPO法人です。津波の被害を受けた養殖施設のロープなどの残骸撤去作業から、アワビの稚貝の放流、磯焼けの調査、さらに途切れてしまった海産物を消費者に回す仕組み作りまで含めた本当の意味での復興を目指しています。

代表の佐藤寛志さんからは「広い範囲で活動することになるが、他のバディーチームの方向がわかりやすく位置を互いに把握できる。また、水中スレートなどよりもダイレクトに意志の疎通を図ることができる。」とのコメントをいただいています。

ロゴシーズの写真です。
ロゴシーズ
三陸ボランティアダイバーズの水中作業をロゴシーズが支援している写真です。
三陸ボランティアダイバーズの水中作業をロゴシーズが支援
●平成30年7月豪雨災害に対する支援

平成30年7月豪雨による被災した方々の救済と被災地の復興に役立てていただくため、支援金として下記を寄付しました。また、従業員による募金と、その同額を会社から拠出するマッチングギフトを実施しました。

  1. 支援金 500万円
    寄付先:特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
  2. 義援金:約584万円(従業員募金額約284万円およびカシオ計算機の拠出額300万円)
    寄付先:日本赤十字社
  3. (高知県に対する追加支援)
    義援金:200万円
    寄付先:高知県
●インドネシア スラウェシ島で発生した地震と津波被害に対する支援

2018年9月にインドネシア スラウェシ島で発生した地震と津波による被災した方々の救済と被災地の復興に役立てていただくため、下記の義援金を寄付いたしました。

義援金:10億インドネシアルピア(約750万円)
寄付先:インドネシア赤十字社