一般時計の梱包材を大きく見直しプラスチック使用量を大幅に削減

使用済みのプラスチックが適切に処理されず、環境へ流出してしまうプラスチックごみ問題への関心が世界的に高まっています。

カシオは、プラスチックを部材として使用する企業として、限りある資源の有効活用に取り組んでまいりましたが、今年度よりその取り組みを更に強化します。
具体的には、一般時計(ウオッチ)の梱包形態を大きく見直し、主原料にリサイクルペーパーを使用することで、プラスチックの使用量を従来より約82%削減(当社比)します。
これにより、製品の保護、効率的な運送・展示といった機能は維持しつつも、プラスチックごみの発生を大幅に削減します。
こうした活動を通じて、カシオは引き続き持続可能な社会を目指してまいります。

主原料にリサイクルペーパーを使用した梱包材
主原料にリサイクルペーパーを使用した梱包材

新梱包材を使用した「CASIO Collection」はこちら