自然との共生 | CASIO

検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

自然との共生

事業所の生物多様性保全

2017年にカシオグループの国内主要拠点の生物多様性調査を外部専門家(緑生研究所)に依頼して実施した結果、表1に示すように多くの植物や昆虫が敷地内に生息していることが確認されました。中でも東京都羽村市にある羽村技術センターでは、環境省レッドリスト掲載のキンラン、ならびに、東京都レッドリスト掲載のギンラン、コヒロハハナヤスリがあることが確認されました。また、山梨県笛吹市にある山形カシオ山梨事業所では山梨県レッドリスト掲載のイヌハギ、シロヘリツチカメムシなどの希少な植物や昆虫が発見されました。この調査結果を踏まえ、外部専門家のアドバイスを受けながら従業員有志による保全活動を継続しています。
なお、羽村技術センターでは、従業員有志である「見守り隊」のメンバーが季節を跨いで観察を行っており、希少種ではないものの、外部専門家による調査時に出現していなかった「ムラサキツバメ」(シジミチョウの仲間)などの生物種も複数確認されており、今後さらに調査を進めてリスト化していく予定です。

│国内主要拠点の生物多様性調査結果

拠点

種数

特筆すべき昆虫・植物

昆虫

植物

カシオ計算機株式会社
本社

55

82

 
羽村技術センター

105

187

植物:キンラン、ギンラン、コヒロハハナヤスリ
八王子技術センター

51

110

植物:コヒロハハナヤスリ
山形カシオ株式会社
本社

82

173

 
山梨事業所

91

150

昆虫:シロヘリツチカメムシ
植物:イヌハギ
カシオ電子工業株式会社

58

108

 
CBS 甲府事業所

82

160

植物:コイヌガラシ

│事業所における保全活動

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください

羽村技術センター

山形カシオ山梨事業所

環境報告

Select a location