自然との共生 | CASIO

検索

Personal Menu

お気に入りに商品が追加されました。

自然との共生

持続可能な紙利用

紙の原材料としては現在さまざまなものがありますが、一般的に広く利用可能な原材料は木材です。その原材料の木材が生産されている場所は、私たちが暮らしている場所から遠く離れた森である場合が多いことから、気づかないうちに地球環境に悪影響を及ぼすという、いわゆるテレカップリングの問題が生じていることも考える必要があります。例えば、原材料の生産地である森林において、地球環境に配慮した持続可能な森林経営が行われている場合もあれば、貴重な野生生物が生息する保護価値の高い森林が破壊されている場合や、先住民の権利が侵されたりしている場合もあると考えられます。

カシオではサプライチェーンでの間接的な生物多様性の影響に着目し、2015年6月に「紙の調達方針」を定めました。この方針に基づいて、特に「保護価値の高い森林の破壊」や「先住民の権利を考慮しない原料調達への関与」などが疑われる製紙メーカーの紙製品を使わないようにするとともに、社会的に持続可能な紙利用の普及の一助となるべく、信頼できる森林認証紙等を優先的に利用することとしています。

そうした中で、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応をきかっけとして、カシオでも働き方の見直しが進んでおり、在宅勤務やABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)の検討が進んでおり、これまでにない規模でオフィス用紙の削減を進めています。このことから、「紙の調達方針」を踏まえた対応について見直しを行っています。

│紙の調達

カシオでは、特に問題のある紙製品を使わないようにするため、野生生物の保護などにかかわる国際NGOが独自の調査に基づいて問題視する製紙メーカーを特定し、これらの製紙メーカーの紙製品を使っていないことを納入業者に定期的に確認しています。確認の結果として、該当する製紙メーカーの製品であることが判明した場合には、別の製紙メーカーの製品に切り替えています。紙製品におけるこうした確認と切替を継続することにより、サプライチェーンに対して間接的な影響力を行使して、生物多様性に対する間接的な負の影響を最小化することに取り組んでいます。

紙の調達方針

│認証紙化の推進

カシオでは、2016年度から国内向け製品カタログの森林認証紙比率に目標値を設定して、環境マネジメントシステムのもと使用比率を高める取り組みを進めてきました。しかし、新型コロナウイルスによるパンデミックにより、ユーザーによる当社製品の購入の仕方に変化が起こっており、これに伴って製品カタログのニーズも大きく変化しています。このため、引き続き中長期目標の見直しを行います。

環境報告

Select a location